キーワード
  1. 就職
  2. 転職
  3. 手続き

アルバイトの面接で落ちる理由と採用になるためのアドバイス

アルバイトの採用では、必ず面接があります。アルバイトだからと、履歴書を適当に書いてしまったり、面接で気持ちが緩んでしまうと、落ちる場合もあります。
そこで、アルバイトの面接で落ちてしまう原因や、採用されるための面接のポイントについてご紹介します。
落ちてしまう原因には、いろいろなことが考えられます。次こそ採用になるために、しっかりと確認しておきましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

データ入力のバイトが在宅ワークで人気がある理由と注意点

データ入力のバイトは在宅でも行うことができるため、学生から主婦の方まで、幅広い年齢層に人気があるバイ...

【面接マニュアル】バイト面接での高校生のマナーとよくある質問

高校生になり、バイトを始めようという方も多いと思います。ここで戸惑うのがバイトの面接です。特に、...

履歴書の特技やアピールポイントの書き方やポイントを紹介

アルバイトの履歴書には特技やアピールポイントを書く欄がありますが、これといって何もないときには空...

店長が嫌い!バイトが辛い・辞めたい時の対処法と考え方を解説

バイト先の店長のことが嫌いで、仕事を辞めてしまいたいと考えている人もいるのではないでしょうか。...

バイト先でミスをした時の謝罪の方法と気持ちの伝わる謝り方

バイト先でうっかりミスをしてしまい、謝罪をしなければいけないという場面もあります。人間は完璧ではない...

コンビニでバイトをする際の履歴書の自己PR文の書き方について

バイトをする際には履歴書の提出が必要となります。また履歴書には自己PRや志望動機の欄が設けられて...

マイナンバーでアルバイトの掛け持ちが会社にバレるのかを解説

本業の会社に内緒でアルバイトを掛け持ちしている場合、マイナンバーによって副業がバレてしまうのでは…と...

アルバイトの志望動機に家から近いという本音は言っても問題なし

アルバイトを始めるとき、志望動機に悩む人は多いようです。本当は家から近いという志望動機だけど...

初めての面接!バイトの志望動機の受け答えと重要なポイント

初めてのアルバイトは面接にも緊張をしてしまいます。どんなことを聞かれるのか、志望動機を聞かれたら...

バイトの志望動機を考えるポイント【接客業】履歴書・面接対策

これから接客のバイトをしたいと考えている人の中には、志望動機についてどうしたらいいのか悩んでいる人も...

パン屋さんでバイトをするなら製造か販売か?評判について紹介

働くならパン屋さんやケーキ屋さんで、良いニオイに包まれて働くのが夢。そんな方も沢山いらっしゃいます。...

飲食店のアルバイトの面接で聞かれることや答え方について

飲食店のアルバイトの面接ではどんな事を聞かれるのでしょうか。緊張して上手く話せなかったらどうしよ...

バイトの面接日に寝坊してしまった時はすぐに電話で謝罪

バイト、面接日に寝坊してしまった!これは大学生あるあるかもしれません。面接時間に間に合わ...

履歴書【コンビニの志望動機】主婦でも採用されるポイントを紹介

コンビニのバイトに応募したいけど履歴書の志望動機で悩んでいるあなた。例えば、主婦ならどんな志...

ホテルのアルバイト面接のポイントと好印象を与える受け答え方

ホテルのアルバイトの面接は他のアルバイトの面接よりも、どんな人材かじっくり見られます。ホテル...

スポンサーリンク

アルバイトの面接で落ちる理由に面接でのマナー

アルバイトに落ちてしまうと、次の面接が怖く感じられますよね。また落ちたらどうしようと思うと慎重になるのも当然です。次の面接では採用してもらえるよう、前回落ちた面接でどこが悪かったのかを振り返ってみるのも必要なことです。

面接でのマナーを考えてみてください。アルバイトは一生働く場所でもないし正社員より軽いと考えてしまいがちですが、雇う側にしてみると大切な人材であり戦力でもあります。少しでも良い人材が欲しいと考えるのは当然のことです。面接で採用するかどうかを決めるわけですから、面接の態度やマナーはしっかりと見られています。

面接にはマナーがあります。次回の面接を受ける前にマナーをおさらいしておくことも大切です。

面接時間の厳守は基本

面接に遅れるような人はアルバイトの勤務時間にも遅刻すると考えられても当然です。

急に都合が悪くなり面接に遅れそうなときは必ず連絡を入れるようにしてください。

面接の日時は面接を行う側の都合も考えて決めています。ただ時間を変更して面接を行ってくれる場合もあれば、日にちを変えなくてはならない場合もあります。

あらためて面接を行う側と日程の調整をする場合がありますので、一方的に「30分ほど遅れます」というのはよくありません。

面接のときの言葉使いや態度、挨拶にも気をつけてください

小さな声でもじもじしていてはしっかり働いてもらえるとは思ってもらえないでしょう。また、友達と話すような口調になってもいけません。敬語を使いこなすのは難しいことですが、丁寧な言葉で話すことを心がけてください。

面接場所に着いたら、そこで働いているスタッフと会うこともあります。面接の担当者でなくても、他の従業員に対してもきちんと挨拶をしてください。できれば笑顔で感じよく、緊張感からそこまで余裕がない場合でもはっきりとした声で挨拶をするようにしてください。

アルバイトの面接で持参する履歴書が雑な場合には落ちる原因に

アルバイトの面接には履歴書を用意します。この履歴書には学歴やアルバイト歴といったこれまでの経歴、資格や特技、性格面などを記入する欄があります。

履歴書は記入漏れや丁寧に書かれているかどうかを見ています

履歴書はその人自身をあらわすものでもあります。どんなに面接に自信があっても、履歴書も手を抜かず丁寧に書くようにしましょう。
記入漏れがあったり写真が貼っていないと、そそっかしい人であったりミスが多い人という印象があります。

字が下手な人は履歴書を書くのが嫌だと感じるかもしれません。字が上手くなくても、丁寧に書くとうことが大切です。相手が読みやすいように書かれた履歴書からは誠意が伝わり、好印象を受けます。

アルバイトの面接で落ちる原因はシフトの問題も重要

アルバイトではシフトを組んで働くことも多いです。時間に融通がきかなくてシフトを組んでも入れない場合が多いようなら、雇われることはないのはわかるでしょう。

採用したところでシフトに入れないのでは意味ありません

また、あなたの都合を中心にシフトを組むのでは、他の従業員が不満を感じてしまいます。

アルバイトを募集には必ず勤務日や時間が記載されています。この勤務条件が合っていることが基本でもあります。

アルバイトを探すときは、勤務条件もしっかり確認してから選ぶようにしてください。

アルバイトによっては希望の勤務時間はもう決まってしまい、他の時間帯なら良いと言われることもあります。その場合は自分が働くことができる時間帯をしっかりと伝え、無理がない範囲で話し合って決めてください。

シフト制の場合は最初の月は日勤、翌月は夜勤と変更になったり、土日も勤務する場合もあります。条件をしっかり確認することも大切です。

シフト制のアルバイトの場合は、どの時間帯でも働くことができるのは強みでもあります。シフトに答えられるのなら、しっかりアピールしてください。

アルバイトの面接で印象が良くなる服装の選び方

服装は第一印象となる大切な部分でもあります。アルバイトの面接においても服装をはじめ身だしなみを整えてください。

アルバイトの面接での服装が普段着すぎては印象がよくありません

ラフすぎる格好、シミや汚れがある洋服は見た目を悪くしてしまいます。派手な服装、肌を露出しすぎる格好もまた働いてもらいたいとは思ってもらえないでしょう。ダメージ加工がされているデニムにぶかぶかのトレーナーであったり、夏なら短い丈のパンツにサンダルもよくありません。ジャージやスウェット、高級ブランドの服もまた印象を悪くしてしまいます。

アルバイトの面接なら、清潔感の感じられる服装をしてください

レギュラーカラーのきちんとしたシャツに細身のパンツ、汚れていないスニーカーといった服装が良いでしょう。上からジャケットを羽織ると堅い印象を出すことができます。
高校生で制服があるのなら、学校の制服を選んでください。制服は決して着崩したりせずに、面接では正しく着るようにしてください。

アルバイトでも職種によってはスーツのほうが良いこともあります。事務的な仕事や受付の仕事ならスーツもしくはスーツに近い服装が良いでしょう。その場合も高校生なら学校の制服が便利です。

アルバイトの面接で落ち着いて答えられるようにシミュレーション

アルバイトの面接でよく質問される内容をおさえておくと、面接時に焦ることなく落ち着いて答えることができます。

面接ではまず自己紹介をお願いされることが多いです。

自己紹介では名前や学校を言うだけでなく、このアルバイトを選んだ理由などを簡単に伝えるようにすると良いでしょう。自己紹介する場合を考えて事前に内容をまとめておいてください。

長所を聞かれる場合もあります

自分を褒めるようで恥ずかしく感じるかもしれませんが、自信を持ってアピールしてください。

特別なことでなくても良いのです。責任感が強い、明るくて協調性がある、努力を怠らず前向きに取り組むなどといったことで十分です。

長所と短所の両方を聞かれることもあります

短所はデメリットの部分でもあります。そのまま伝えるのではなく、必ず改善策も伝えるようにしてください。「人見知りをする面がありますが、笑顔を心がけて親近感をもたれるように努めています」や、仕事に対する経験を聞かれた場合なら「経験はありませんが、興味がありますので積極的に覚えたいと思っています」とマイナス面をフォローするようにしてください。

志望動機もよく聞かれる質問

勤務条件が合っていることはもちろんですが、それだけでは採用に至るには物足りません。「人気があるお店で、丁寧な接客を自分も身につけたいと思ったから」や「おしゃれに関心があり、お店のテイストが自分の好みとぴったりなので働きがいを感じられると思ったので」など、さりげなくアルバイト先の良い面を組み入れてみてください。

アルバイトの面接では服装をはじめ、面接を受ける態度にも注意が必要です。また、面接は緊張する場でもあります。自分の良い面をしっかり見てもらえるよう、面接のシミュレーションを行っておき、落ち着いて面接を受けるようにしてくださいね。