キーワード
  1. 就職
  2. 転職
  3. 手続き

履歴書【コンビニの志望動機】主婦でも採用されるポイントを紹介

コンビニのバイトに応募したいけど履歴書の志望動機で悩んでいるあなた。
例えば、主婦ならどんな志望動機を書いたら好印象なのか、未経験でもアピールするにはどうしたらいいのでしょうか?

そこで、コンビニバイトの履歴書の志望動機の主婦向きのポイントについてお伝えしていきましょう。

コンビニバイトが未経験でも工夫することで店長から採用したいと思われるような志望動機を書くことができます。
ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

コンビニの志望動機【高校生編】未経験でもアピールできる

コンビニバイトの志望動機に悩む高校生は必見です。志望動機とはどうしてこのバイトをしたいかという理...

ホテルのアルバイト面接のポイントと好印象を与える受け答え方

ホテルのアルバイトの面接は他のアルバイトの面接よりも、どんな人材かじっくり見られます。ホテル...

パン屋さんでバイトをするなら製造か販売か?評判について紹介

働くならパン屋さんやケーキ屋さんで、良いニオイに包まれて働くのが夢。そんな方も沢山いらっしゃいます。...

コンビニでバイトをする際に適した靴や服装についてアドバイス

バイトを探していると家が近所だったり、勤務時間やシフトの融通してくれる点などを考慮して、コンビニ...

履歴書の特技やアピールポイントの書き方やポイントを紹介

アルバイトの履歴書には特技やアピールポイントを書く欄がありますが、これといって何もないときには空...

マイナンバーでアルバイトの掛け持ちが会社にバレるのかを解説

本業の会社に内緒でアルバイトを掛け持ちしている場合、マイナンバーによって副業がバレてしまうのでは…と...

バイトに受からないのは、女性だから?バイトに受かるコツ

生活費を稼ぐためや、欲しい物を買うお金を手に入れるために、バイトを探すのは、よくあることですが、それ...

データ入力のバイトが在宅ワークで人気がある理由と注意点

データ入力のバイトは在宅でも行うことができるため、学生から主婦の方まで、幅広い年齢層に人気があるバイ...

高校生のバイト面接でよくされがちな質問と好印象を与える答え方

高校生になると今までよりも出来ることが増え視野が広がり、いろいろなことに挑戦したいという気持ちが湧き...

飲食店のアルバイトの面接で聞かれることや答え方について

飲食店のアルバイトの面接ではどんな事を聞かれるのでしょうか。緊張して上手く話せなかったらどうしよ...

ネットで副業【初心者向け】始める前に知っておきたい成功のコツ

ネットを使った副業は初心者でも簡単に始めることができるので興味がある人も多いでしょう。主婦でも家に居...

コンビニのバイトは疲れる?キツイと感じられる理由について

バイトと言うとコンビニなら、手軽に始められるのでは?と感じますが、実際にはコンビニのバイトは疲れる、...

アルバイトの志望動機に家から近いという本音は言っても問題なし

アルバイトを始めるとき、志望動機に悩む人は多いようです。本当は家から近いという志望動機だけど...

アルバイトの面接で落ちる理由と採用になるためのアドバイス

アルバイトの採用では、必ず面接があります。アルバイトだからと、履歴書を適当に書いてしまったり、面...

夜間パートメリット・デメリット!主婦が夜間に働く理由と注意点

夜間の時間帯のパートを選ぶ主婦の方たちは、一体どのような理由で夜間に仕事をすることを選ぶのでしょうか...

スポンサーリンク

主婦がコンビニバイトの履歴書の志望動機を考えるポイント

ずっと家で家事、育児ばかりしていると外の世界にもう一度戻りたいと思って一発奮起して履歴書を買って来たはいいけれど、困ってしまうのは志望動機ではないでしょうか。
大人になると色々な事を考えてしまいますが、あまり難しくなく考えてみましょう。

主婦の強みを生かしましょう

様々な理由から働きたいと思うでしょうが、主婦ならではの生活環境を生かした志望動機なら経営者も納得してくれるはずです。

また、一度雇ったら、長く勤めて欲しいと思うのが経営者ですので安定して長く働く意欲がある事を伝えていくのもプラスです。

コンビニは住んでいる場所によっては生活圏にたくさんあるものですから、今までの生活の中にすでにそのお店が溶け込んでいる事もあるでしょう。
そうした時にはこのお店を良く知っているからこそ長く続けられるという事をアピールしてみましょう。

お店に来た時に店員さんに良くしてもらった、家から徒歩圏内なので長く働きたい、と言った生活の一部であるというアピールは、お店で長く働いて欲しいと思っている経営者側にも強い動機になると同時に労働条件のみに惹かれたのではなく、お店に戴せて魅力を感じたという事を盛り込むことで聞いた方も嬉しく感じてくれるはずです。

コンビニでも活かせる経験について履歴書の志望動機でアピール

今は主婦でも、学生時代や結婚前の職業が生かされる場合もあります。

経験は採用への強いアピールポイント

学生の時や結婚前の就職先が小売業や接客業だった人はその経験を最大限に生かす事ができる事をアピールしていきましょう。
コンビニは細々とした業務も多いのですが、仕事の大半は接客業務になりますので、今までにそうした経験をお持ちの方はその経験をここでアピールして即戦力になれるという事を伝えましょう。

同じコンビニでアルバイトをしていた経験は経営者としても細かい事を言わなくても分かってくれるだろうと安心できますし、スーパーなどでの経験もレジ打ちや品出しと言ったコンビニでもする業務ですので心強いです。

接客業とはマニュアルに則って教育をしますが、経験を積まなくては分からない事もたくさんありますし、人が相手の仕事ですのでイレギュラーな事は日々起こり得ます。
そうした時に経験をもとに自分から考えてうろたえずに対処できる力を持った人というのは、年齢性別を問わないお客様が絶えず来店するコンビニでは即戦力として期待できるものですので、採用の判断材料となります。どんどんアピールしましょう。

履歴書の志望動機でコンビニの店長にやる気を伝えましょう

履歴書が採用につながるような材料になるためには、まず店長にこの人を採用しようかな、と思ってもらえるような書き方が大切になります。

経営者が採用したいと思える人

シフト対応について

コンビニではお客様もたくさん来ますが、働く人も時間帯によってたくさんいます。
ですが、働く人も状況によって不足する事があり、穴を埋めなくては店が回らないという状況も生まれてしまいます。

コンビニは24時間年中無休が基本ですので、そうしたシフトに柔軟に対応できる人というのはとにかく重宝されます。

人間関係も円滑にできる事

また、たくさんのスタッフがいるからこそその人たちと仲良くすることができるかという事も判断の基準となりますので、やる気や働く意欲がある事をアピールするのはもちろんの事ですが、そのお店で職場の人の助けになりたいという事も一緒に伝えられると、採用に向けて積極的に考えてくれるようになります。

将来性

たかだかコンビニのバイトと思ってしまっては採用には遠くなってしまいます。
コンビニの仕事は裏方業務も多くあり、経営者はゆくゆくは発注業務などと言った店舗運営に関わる業務も任せたいと思っているかもしれません。
働く意欲の上にそうした業務にも柔軟に対応してくれるかという事も見定められていますので自分も成長していきたいという事を伝えましょう。

履歴書の志望動機を記入する際は全体のバランスも重要

実際に履歴書に志望の動機を書く時には、志望動機の欄の大きさを考えて文章を構成する事をお勧めします。
大きな欄に一言しか書かないと余白が目立ってしまい、これだけか、と思ってしまわれる可能性がありますし、小さい欄に小さい文字でびっちりと書いてしまうと目が滑って読む気にならないという事になってしまうかもしれませんので、お手持ちの履歴書の志望動機の欄の大きさを今一度ご確認ください。

下書きしてみる事も大切

こんなことを書いてみようと思ったらまずは鉛筆で下書きをしてみましょう。
いきなりペンで書きだすと間違ってしまったり、全体のバランスがおかしくて最初から書き直しという事も考えられます。

特に普段あまりペンを持つ機会の無い方は久しぶりに履歴書を書こうとすると意外と間違えますので下書きする事をお勧めします。

文章は推敲して分かりやすく

長々と書くと要点がまとまらず結局何が言いたかったのかわからない文章が出来上がってしまいます。
まず自分が言いたい事は何か、強くアピールしたい点はどれかを絞って簡潔に書くようにしましょう。

コンビニ未経験でも志望動機に工夫をすれば大丈夫

コンビニや接客業が未経験でも大丈夫です。
経験が無い分、コンビニの業務に対する興味やどのように頑張っていきたいのかという意欲を志望動機に盛り込みましょう。

一見関係ないような経験も生かせるかもしれない

例えば飲食店などでバイトしていたような経験があれば、接客という仕事は共通しますので志望の動機として書く事ができますし、レジ横によく置いてあるファストフード系の簡単な調理もできますとアピールする事ができます。

未経験でもその人の持っている雰囲気が大切

どんなに接客業を経験していても、心がこもっていない接客よりは未熟でも心のある接客の方がされていても嬉しい物です。
未経験でも接客に対して抵抗感が少なく、この先任せられるなという雰囲気を感じさせることも大切です。

初めての業界だからこそ、色々と教えてください、という前向きな姿勢も教える側としては教え甲斐があると感じる事でしょう。経営者が安心して自分に仕事を任せられると思ってもらえるように、仕事への意欲を伝える志望動機を考えてみましょう。