キーワード
  1. 就職
  2. 転職
  3. 手続き

バイトの志望動機を考えるポイント【接客業】履歴書・面接対策

これから接客のバイトをしたいと考えている人の中には、志望動機についてどうしたらいいのか悩んでいる人もいるのではないでしょうか。志望動機を考えるときは、これまでの経験や自分のアピールポイントを考えると良いです。

ここでは、接客業の志望動機を考えるポイントと履歴書の書き方についてお伝えします。バイトの面接に採用されるためにはどうすればいいのかを知って、接客のバイトが出来るようにしましょう。

また、面接のときはどのようなことをアピールすれば良いのかなど、面接対策についてもご紹介します。こちらも是非参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

コンビニの志望動機【高校生編】未経験でもアピールできる

コンビニバイトの志望動機に悩む高校生は必見です。志望動機とはどうしてこのバイトをしたいかという理...

データ入力のバイトが在宅ワークで人気がある理由と注意点

データ入力のバイトは在宅でも行うことができるため、学生から主婦の方まで、幅広い年齢層に人気があるバイ...

バイト先でミスをした時の謝罪の方法と気持ちの伝わる謝り方

バイト先でうっかりミスをしてしまい、謝罪をしなければいけないという場面もあります。人間は完璧ではない...

履歴書の特技やアピールポイントの書き方やポイントを紹介

アルバイトの履歴書には特技やアピールポイントを書く欄がありますが、これといって何もないときには空...

バイト面接でよく聞かれることと印象の良い答え方

初めてバイトをする時には、バイトの面接ではどんなことを聞かれるのかと、不安に思う方が多いと思いま...

バイトの履歴書の志望動機欄の書き方と面接日当日までの流れ

高校生、大学生にもなると、バイトをしてお小遣いや生活費を稼ごうと考える学生も多いと思いますが、履歴書...

【面接マニュアル】バイト面接での高校生のマナーとよくある質問

高校生になり、バイトを始めようという方も多いと思います。ここで戸惑うのがバイトの面接です。特に、...

アルバイトの面接でされる質問とは?受け答えのポイント

アルバイトの面接ではどのような質問をされるのでしょうか。必ず聞かれる質問とは?受け答えを...

飲食店のアルバイトの面接で聞かれることや答え方について

飲食店のアルバイトの面接ではどんな事を聞かれるのでしょうか。緊張して上手く話せなかったらどうしよ...

初めての面接!バイトの志望動機の受け答えと重要なポイント

初めてのアルバイトは面接にも緊張をしてしまいます。どんなことを聞かれるのか、志望動機を聞かれたら...

コンビニのバイトは疲れる?キツイと感じられる理由について

バイトと言うとコンビニなら、手軽に始められるのでは?と感じますが、実際にはコンビニのバイトは疲れる、...

バイトに受からないのは、女性だから?バイトに受かるコツ

生活費を稼ぐためや、欲しい物を買うお金を手に入れるために、バイトを探すのは、よくあることですが、それ...

高校生のバイト面接でよくされがちな質問と好印象を与える答え方

高校生になると今までよりも出来ることが増え視野が広がり、いろいろなことに挑戦したいという気持ちが湧き...

バイトの面接日に寝坊してしまった時はすぐに電話で謝罪

バイト、面接日に寝坊してしまった!これは大学生あるあるかもしれません。面接時間に間に合わ...

履歴書【コンビニの志望動機】主婦でも採用されるポイントを紹介

コンビニのバイトに応募したいけど履歴書の志望動機で悩んでいるあなた。例えば、主婦ならどんな志...

スポンサーリンク

接客のバイトをしたいときの志望動機の考え方

働く時に行われる面接、また履歴書の提出など良い印象を与えられるかとても緊張します。そして難しく考えてしまいます。素直に印象に残るポイントをお伝えします。

志望しているバイト先だけに特化した理由を考える。

「接客をしてみたいから」「家から近いから」などどんなお店にも当てはまるような理由では熱意が感じられません。「接客をして学びたい」「家から近く利用するたび感じがいいから」など言葉を付け加えみんなが使うような理由は避けてそのお店で働きたいという理由を考えましょう。

他の誰にも当てはまらない自分の気持ちを伝える。

お店にお客と来た際に自分が感じたことや、接客をしている店員さんの雰囲気がよく自分も働いて気持ちの良い時間を過ごしてもらえるような接客をしたいと思ったなど自分の思いをしっかり付け加えましょう。学費に当てたい、生活費を豊かにしたいなど具体的な目標があればさらに一生懸命な気持ちを伝えることが出来るでしょう。

接客のバイトの志望動機を履歴書に書く時のポイント

  • 自分の経験を書く。
    「以前も接客業で働いた経験がありお客さんの接する時のマナーが身についている」「幼い頃から友達づきあいは楽しく出来るほうなので同じ様に明るく接客をする事が出来る」など自分が得意としている今までの経験を伝えましょう。
  • 目標を高く書く。
    志望動機を高く少しビックマウスになるくらいのほうが採用するほうもやる気を感じられるでしょう。経験を経て飲食店を経営してみたい、マナーや丁寧な言葉も身に付け接客のプロになりたいなど高い目標を伝える事で積極性も見られ採用の基準になることもあります。
  • 読みやすく端的に伝える。
    読みはじめでやる気を感じられる文章を考えましょう。あまり色々と理由を並べてもあまり印象には残りません。新聞やテレビの情報でも内容までわからなくても最初の見出しや言い方で緊迫しているのか楽しい内容なのかがわかるように履歴書も「とても雰囲気がよく一緒に働きたいと思った」など色々な理由をつけずわかりやすく書きまとめましょう。

接客のバイトの履歴書に使える志望動機の例文

お店の雰囲気がすき。

アパレル関係であればお店によって販売している雰囲気やイメージが違います。自分が好きで購入しているお店での接客だと着こなし方やアレンジコーディネートなどを提案できます。また飲食店であればそのお店の味、食感など好きで通っていた場合もあります。自分が好まないところで働きたいとは思わないでしょう。お店を好きで働きたいとアピールしましょう。

例文

  • お店の服の雰囲気が好きで色々な着こなしの挑戦している。
  • お店の味が好きで外食といえばよく来ている。

自分のスキルをいかせる。

今までのバイトの経験をいかすことが出来たり、学校で学んだ専門的なことをいかせるようであれば惜しまず履歴書に書きましょう。

例文

  • 学校ではマナーを学ぶ授業があり人に対しての作法や言葉遣いなど失礼のない接客が出来る。
  • 服飾の学校へ通っており、カラーコーディネートや着こなしなどをお客様に提案することが出来る。

接客のバイト・履歴書を書くときの注意点

  • 他のお店の事を言わない。
    志望動機のお店に対して印象を良くしようと他のお店の批判をしてはいけません。同じ職種で同じものを扱っているようなお店の話は特にあなたの印象を悪くしてしまいます。採用しなかったときに自分のお店がどんな風に言われるのか、また働いたとしてもどのように伝わっているのかあなたに対して信頼性を感じられないでしょう。
  • 伝えたい事柄は掘り下げて書きましょう。
    「服の雰囲気が好きだから」「ここのお店の味が好きです」などはわかりやすいですが文章が浅くお店の評価としか取れません。だからどうしたというところまでもしっかり書き自分の気持ちを伝えることが大事です。
  • しっかり丁寧な字で書く。
    接客業に関わらず、文字はしっかりと濃い色のボールペンを使って書きましょう。一生懸命考えた内容も薄く細い字では伝わりません。特に太いものや筆ペンを使う必要はありませんが、一般的なボールペンを使って、字の大きさも小さすぎず見やすい大きさにしましょう。履歴書の書き方からも熱意や積極性を感じることもあります。

接客のバイトの面接対策!自分の長所をしっかりアピールすること

いかなる時も丁寧に対処することが出来る。

接客中何か困ったことがあってもあわてず大騒ぎにならないように対処することが出来る冷静さがある場合はしっかりと伝えましょう。お客様と接する仕事なのでお客様に不安を感じさせてはいけません。そのためにはしっかりと仕事の内容を身につけ接客するという気持ちを伝えましょう。

人に気遣いが出来る。

学生時代、運動部のマネージャーをしていたため部員の変化や不調などを見抜くことが出来ました。卒業まで続けたこの経験をいかしお客様が望んでいることをいち早く提供できるよう気を配り接客します。等学生時代の経験を書いてもいいでしょう。それが小学校や中学校時代のものであっても出来ることには変わりないでしょう。