キーワード
  1. 就職
  2. 転職
  3. 手続き

パン屋のバイトの面接で聞かれることとポイント・服装と話し方

これからパン屋のバイトの面接を受けようと思っている人の中には、今までアルバイトをした経験がなく、面接でどんなことを聞かれるのか不安に感じている人もいるのではないでしょうか。

パン屋のバイトに採用してもらうためにはどんなことに気をつけると良いのか、面接で聞かれることやポイントを知って、バイトの面接に挑みましょう。

面接の時は話し方や服装・身だしなみに注意をする必要があります。パン屋でバイトをするためにも、相手に好印象を与えられるようにしましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

バイトに受からないのは、女性だから?バイトに受かるコツ

生活費を稼ぐためや、欲しい物を買うお金を手に入れるために、バイトを探すのは、よくあることですが、それ...

【面接マニュアル】バイト面接での高校生のマナーとよくある質問

高校生になり、バイトを始めようという方も多いと思います。ここで戸惑うのがバイトの面接です。特に、...

夜間パートメリット・デメリット!主婦が夜間に働く理由と注意点

夜間の時間帯のパートを選ぶ主婦の方たちは、一体どのような理由で夜間に仕事をすることを選ぶのでしょうか...

バイト面接でよく聞かれることと印象の良い答え方

初めてバイトをする時には、バイトの面接ではどんなことを聞かれるのかと、不安に思う方が多いと思いま...

バイトの履歴書の志望動機欄の書き方と面接日当日までの流れ

高校生、大学生にもなると、バイトをしてお小遣いや生活費を稼ごうと考える学生も多いと思いますが、履歴書...

コンビニでバイトをする際に適した靴や服装についてアドバイス

バイトを探していると家が近所だったり、勤務時間やシフトの融通してくれる点などを考慮して、コンビニ...

コンビニのバイトは疲れる?キツイと感じられる理由について

バイトと言うとコンビニなら、手軽に始められるのでは?と感じますが、実際にはコンビニのバイトは疲れる、...

パートの履歴書に役立つ自己PRや志望動機の書き方について

パートの履歴書の自己PRや志望動機はどのような事と書いたらいいのでしょうか。自己PRは、ブランク...

飲食店のアルバイトの面接で聞かれることや答え方について

飲食店のアルバイトの面接ではどんな事を聞かれるのでしょうか。緊張して上手く話せなかったらどうしよ...

大学生のアルバイトはいつから?始める時期の選び方について

大学生になるとアルバイトをしている方が多くなります。しかし始めてアルバイトをする方は、いつから始めた...

コンビニの志望動機【高校生編】未経験でもアピールできる

コンビニバイトの志望動機に悩む高校生は必見です。志望動機とはどうしてこのバイトをしたいかという理...

バイトの面接日に寝坊してしまった時はすぐに電話で謝罪

バイト、面接日に寝坊してしまった!これは大学生あるあるかもしれません。面接時間に間に合わ...

コンビニでバイトをする際の履歴書の自己PR文の書き方について

バイトをする際には履歴書の提出が必要となります。また履歴書には自己PRや志望動機の欄が設けられて...

履歴書の特技やアピールポイントの書き方やポイントを紹介

アルバイトの履歴書には特技やアピールポイントを書く欄がありますが、これといって何もないときには空...

アルバイトの面接で落ちる理由と採用になるためのアドバイス

アルバイトの採用では、必ず面接があります。アルバイトだからと、履歴書を適当に書いてしまったり、面...

スポンサーリンク

パン屋のバイトの面接で志望動機を聞かれたときの答え方

パン屋のバイトの面接を受ける理由は、パン職人を目指しているとかでなければ、多くの方は「家から近く通勤しやすそうだから」「パンが好きだから」という場合が多いでしょう。

そのため無理にパンに絡めた志望動機ではなく、正直に答えて大丈夫です。

しかしパン屋の仕事は接客・販売が主になるので、接客・販売に絡めた理由も付け加えると良いでしょう。

回答例

  • 「お店が自宅から近く、働きやすいと思ったからです。また接客の仕事が好きで、パン屋の仕事は直接お客さんの顔を見てやり取りするので魅力的に感じました」
  • 「留学費用を稼ぐためにアルバイトを探しているのですが、ここのパン屋が美味しくて好きで、また店員さんの対応がとても良くてこちらで働きたいと思ったからです」
  • 「ここのパン屋はいつも季節によって色々な種類を販売されたりしてわくわくしていたので、その美味しさを伝える側になりたいと思いました」

ただし「ここのパン屋が好きだから」「スタッフの対応が良かったから」というような理由は、実際に利用したことがある場合のみ使うようにしましょう。

パン屋のバイト・勤務日や勤務開始日については面接でこう答えよう

パン屋のバイトの面接で希望の勤務日、勤務開始日を聞かれた時は、自分の都合に合わせて答えてOKですが、受かるためにおさえておきたいポイントがあります。

繁忙期を考慮する

立地条件によって異なることもありますが、パン屋が混みやすいのはやはり土日祝日なので、土日祝日に多くシフトを入れられる人の方が採用される可能性が高いです。

最初から土日勤務できる人を募集している可能性もあります。

毎週土日に働くことが難しくても、「土曜日なら働けます」「週に1回でしたら土日ともに働けます」と前向きな姿勢を伝えるのが良いでしょう。クリスマスやひな祭りなどのイベント時も、シフトに入れるか聞かれる場合があるので、この場合も「都合がつけば働けます」と前向きに伝えておきましょう。

勤務開始日は早めが良い

「いつから来れますか?」といった質問があったら、なるべく「すぐに働けます」ということを伝えた方が良いでしょう。相手側から提示されることもありますが、基本的には人手不足で募集している場合が多いので、なるべく早くから働いて仕事を覚えてもらいたいと考えていることが多いです。

パン屋で働きたい!バイトの面接での自己PRのコツ

「あなたの長所は?」「自己PRしてください」といった質問がされることがあります。
パン屋という職業が求める人材を考えてみましょう。

パン屋が求める人材

 

  • お客さんに笑顔で対応できる。
  • 周囲に気遣いができる。
  • クレームがあっても柔軟に対応できる。
  • パンの種類、値段を的確に覚えることができる。
  • パンを丁寧に扱える。
  • 立ち仕事なので体力がある。
  • 長く働くことができる。

などが考えられます。

パン屋に絡めた自己PR

パン屋が求める人材を考えたら、自分の長所や経験で結びつきそうなものを考えましょう。

パン屋の業務で他の飲食店と違うことといえば、やはりパンの種類と値段を覚えなければいけないことです。

バーコードや伝票などを使用せず、パンを見てレジで手打ちする必要があります。

もし暗記が得意なら、「暗記が得意なので、パンの種類と値段を早く把握できるよう頑張ります。またお客さんに聞かれたらすぐに答えられるよう、パンのことについても覚えていきたいです」といったものが良いでしょう。その他、接客販売の仕事なので接客が好きであること、柔軟な対応ができることや、体力がある・長く働くことができるなどをアピールすると良いです。

バイトの面接で好印象を与える話し方のポイント

姿勢を良くする

パン屋の販売の仕事は、立ち仕事なので姿勢が大事です。

だらしなく立っていたり、猫背な店員さんはあまり見ませんよね。面接で椅子に座る時も、きちんと姿勢は正しておきましょう。膝を開く、脚を組むといったこともNGです。

目を見て話す

パン屋の販売の仕事で最も大事なのは接客です。接客の仕事は、お客さんの様子を敏感に察知して気遣いをする能力が求められます。バイトの面接の時に相手の目をしっかりと見ることができていないと、接客の時も同じ対応をするのかな?と思われてしまいます。

明るく丁寧に

慣れ親しんだ家族や友達と話す時の声より、ワントーン明るくしましょう

特にパン屋の接客販売の仕事は明るさが求められるでしょう。相手の質問をしっかり聞いて、回答がずれないようはっきり伝えるようにします。

パン屋のバイトの面接は服装や身だしなみも大切

パン屋など飲食に関わる職業は、身だしなみも厳しいことが多いので注意が必要です。

服装

パン屋のバイトの面接の場合は、スーツなどかしこまった服装をする必要はありませんが、デニムジーンズなどカジュアルな服装は避けた方が良いです。襟付きブラウスにカーディガンかジャケット、膝丈スカートやロングパンツ、パンプスのような、オフィスカジュアルを心がけると好印象です。ネイルやピアスも外しておいた方が無難です。

髪型

パン屋さんの店員は、髪を抜け落ちないためにまとめていたり、帽子や頭巾をしていることが多いです。
面接を受ける際も、ロングヘアーの方は髪は結んでいくようにしましょう。お店によっては染髪を禁止していることがあります。面接を受ける時に髪の色が明るい場合は結んでいくようにして、「採用されたら髪色を戻せますか?」といった質問にもきちんと答えられるようにしておきましょう。