キーワード
  1. 就職
  2. 転職
  3. 手続き

バイトの履歴書の志望動機欄の書き方と面接日当日までの流れ

高校生、大学生にもなると、バイトをしてお小遣いや生活費を稼ごうと考える学生も多いと思いますが、履歴書の正しい書き方はご存知ですか。

ここでは初めての面接に向けてバイトの履歴書を作成する予定でいる学生のために、履歴書の志望動機欄の書き方の具体例とその他の注意点についてまとめます。

志望動機は、履歴書の中で最も大切な部分と言っても過言ではないので、志望動機がしっかり書けるだけで採用担当者に好印象を与えることができます。

面接日当日までの流れについても紹介していきますので、最後までご覧になって、あなたのアルバイト探しにお役立てください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

バイトの面接日に寝坊してしまった時はすぐに電話で謝罪

バイト、面接日に寝坊してしまった!これは大学生あるあるかもしれません。面接時間に間に合わ...

コンビニでバイトをする際に適した靴や服装についてアドバイス

バイトを探していると家が近所だったり、勤務時間やシフトの融通してくれる点などを考慮して、コンビニ...

店長が嫌い!バイトが辛い・辞めたい時の対処法と考え方を解説

バイト先の店長のことが嫌いで、仕事を辞めてしまいたいと考えている人もいるのではないでしょうか。...

データ入力のバイトが在宅ワークで人気がある理由と注意点

データ入力のバイトは在宅でも行うことができるため、学生から主婦の方まで、幅広い年齢層に人気があるバイ...

コンビニの志望動機【高校生編】未経験でもアピールできる

コンビニバイトの志望動機に悩む高校生は必見です。志望動機とはどうしてこのバイトをしたいかという理...

バイトに受からないのは、女性だから?バイトに受かるコツ

生活費を稼ぐためや、欲しい物を買うお金を手に入れるために、バイトを探すのは、よくあることですが、それ...

コンビニでバイトをする際の履歴書の自己PR文の書き方について

バイトをする際には履歴書の提出が必要となります。また履歴書には自己PRや志望動機の欄が設けられて...

履歴書の特技やアピールポイントの書き方やポイントを紹介

アルバイトの履歴書には特技やアピールポイントを書く欄がありますが、これといって何もないときには空...

アルバイトの面接で落ちる理由と採用になるためのアドバイス

アルバイトの採用では、必ず面接があります。アルバイトだからと、履歴書を適当に書いてしまったり、面...

大学生のアルバイトはいつから?始める時期の選び方について

大学生になるとアルバイトをしている方が多くなります。しかし始めてアルバイトをする方は、いつから始めた...

バイト面接でよく聞かれることと印象の良い答え方

初めてバイトをする時には、バイトの面接ではどんなことを聞かれるのかと、不安に思う方が多いと思いま...

バイト先でミスをした時の謝罪の方法と気持ちの伝わる謝り方

バイト先でうっかりミスをしてしまい、謝罪をしなければいけないという場面もあります。人間は完璧ではない...

アルバイトの志望動機に家から近いという本音は言っても問題なし

アルバイトを始めるとき、志望動機に悩む人は多いようです。本当は家から近いという志望動機だけど...

ホテルのアルバイト面接のポイントと好印象を与える受け答え方

ホテルのアルバイトの面接は他のアルバイトの面接よりも、どんな人材かじっくり見られます。ホテル...

初めての面接!バイトの志望動機の受け答えと重要なポイント

初めてのアルバイトは面接にも緊張をしてしまいます。どんなことを聞かれるのか、志望動機を聞かれたら...

スポンサーリンク

学生のバイトの履歴書の志望動機欄は思いを素直に書くのが一番

学生のアルバイトの履歴書は、正社員になるための履歴書とは違ってそこまで合否を決定づける項目はありませんが、志望動機は面接の時の話のタネにもなりますので、きちんと受け答えできるような内容を書きましょう。

学生バイトの志望動機は一般的な入社の時の面接とは違い、そこまでがっちりとした志望動機でなくても相手に好印象を与える事もできます。

社会経験

今まで何かアルバイトでも社会に出て働いた事のある人でしたらそれを生かすという事を添えられますが、バイト初体験の時には社会勉強として、他では知り合えない人と話をして見解を深めたい、などという理由も志望動機となります。

仕事内容

仕事内容によっては将来に繋げるためにマナーを学び、就職活動に繋げていきたいという事を示せますし、ずっとしてみたかった仕事である事も十分に志望動機として伝える事ができます。

学生のバイトでは無理に良い事を書くよりもしっかりと責任を持って働きたいという気持ちを伝える事が大切なのが志望動機欄でしょう。

採用につながる好印象な志望動機欄の書き方のコツ

素直に書くのが一番ではありますが、一言添えるだけで好印象を与える事ができるのなら好印象を与えた方が良いでしょう。

働きたい理由が「家から近い」時

家から近いという事は働く方も、働いてもらう方も臨機応変に対応してもらいやすいという事があります。
ですが、「家から近い」というだけでは理由としては弱いので「通いやすくて、長く勤める事ができる」という具体的な要素を添えるとより一層理解を深める事ができる志望動機に早変わりです。

「稼ぎたい」時

お小遣いが欲しくてアルバイトをすると言う事はよくある事です。
それは経営者側もわかってはいますが、ただ稼ぎたいというだけでは動機が不明確ですので、できれば稼いだお金でどうしたいのかという事を伝えると良いでしょう。

運転免許を取るための資金にしたいという事でも良いでしょうし、一人暮らしをしている学生さんでしたら親の負担を軽減させるためと言った内容でも良いでしょう。

頭ではこうだという志望動機があっても、素直にそれだけを書くのではなく、一言添える事で文章自体は短くても自分をアピールする材料になります。
プラスαを心がけてみましょう。

バイトの履歴書の志望動機欄は職種によって書き方を工夫しましょう

バイトにも接客業や製造業など様々な職種があります。
職種によって志望動機は書き方を変えると効果的です。

コンビニやスーパーなどの小売業

小売業では場合によってはレジだけではなく品出しをしたり時にはお客様の対応を臨機応変にしなくてはならない事もあります。
決められた仕事を決められた時間に正確に行わなくてはならない業務もあるこの職種では

  • 人と接する事が好き
  • 地味な仕事であっても仕事は確実にこなします

という事をアピールするとより良いです。

飲食店

飲食店とひと口に言ってもカフェからファミレスなど様々な物がありますが、ここでも相手はお客様であることが多いです。
また、ピークタイムにはチームワークも大切になってきますので部活などをしてきた経験があるのなら、そうした事を根拠に戦力になるという事を伝えましょう。

  • 協調性
  • 自分から問題を見つけて解決するという自主性
  • 家事が得意

と言った事は飲食店では人と接するという事と同じくらい大切な要素になります。

働きたい所の職種を見て自分の持っているものでは何が生かせるかという事をアピールしましょう。

バイトの履歴書の書き方のポイントと注意点

履歴書を初めて書くのであれば、普段何気なくやってしまうけれど履歴書ではしてはいけないという事がありますので、気を付けて書いてください。
何気ない所を採用担当者は見ていますので気を抜く事はできません。

履歴書を書く時の基本

・筆記用具

鉛筆などの一度書いたものを簡単に消せる筆記用具は履歴書には不向きです。
また色のついたペンもやめましょう。

履歴書を書く時は黒いペンを使って、間違えてしまった時には残念ですが新しく書き直す事がマナーです。

・真実を書きましょう

面接の時には履歴書を元に話が進みます。
間違いや、意図的に事実とは異なる事を書くと話の整合性がつかなくなりますので、自分を良く見せようと嘘を書いたりするのは絶対にダメです。

各項目別の書き方

基本的には履歴書を買ってきたら中に入っている見本を見ながら書くとよいでしょう。

・印鑑が必要な時

最近は減少傾向にありますが印鑑を押さなくてはならない物もあります。
朱肉につけるタイプの印鑑を使って押すようにしましょう。

・学歴

学歴は一般的に小学校卒業から書きますが、小学校と中学校は卒業年月のみを書けば大丈夫です。
学校の名前は正式に書くようにして、「高校」ではなく「高等学校」と言ったように表記の仕方にも気を付けましょう。

年号の書き方も西暦か元号どちらで書いても良いのですが、どちらかに決めたら決めた方で統一します。

応募から面接までの流れの確認と押さえておくべきマナー

初めてのアルバイトは最初の段階からどうしたら良いのかが分からないかもしれません。
簡単ですが、アルバイトをしたいと思い立った時の流れをご紹介します。

  1. 働きたい所を決める
  2. 電話をかけてみる

電話の印象はそのまま自分の第一印象になります。
初めての電話は緊張するかもしれませんが、

  • 何を見て電話をしたのか
  • 自分の名前

を言うと大抵の場合は責任者と話をする事ができるかと思います。
聞かれた事にははきはきと答えるようにしましょう。

履歴書を書く

最近では履歴書不要という企業もありますが、一般的な企業では写真付きの履歴書を持って〇月〇日に来てくださいという内容を電話で告げられます。
履歴書は自分の思いを乗せて丁寧に書きましょう。

面接

履歴書を忘れずに、時間に遅れないよう10分前行動をとるくらいの気持ちで余裕を持って面接の場所に向かいましょう。
面接の時には笑顔を忘れず姿勢はピッとして受け答えもしっかりはきはきする事が好印象を与えます。

また、面接をする場所に通される時や椅子に着席する時のマナーも今一度確認しておきましょう。
緊張しすぎずに程よくリラックスして自分の良さを相手に伝えてください。