キーワード
  1. 就職
  2. 転職
  3. 手続き

パートの履歴書に役立つ自己PRや志望動機の書き方について

パートの履歴書の自己PRや志望動機はどのような事と書いたらいいのでしょうか。自己PRは、ブランクがあったりこれといったスキルがないというときにはどうしらいいのでしょう。

そんなときには、今までの経験からできるだけパートをしたい場所が求めているようなスキルに役立ちそうな事を書き出しましょう。

パートの履歴書に役立つ自己PRや志望動機の書き方を紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

夜間パートメリット・デメリット!主婦が夜間に働く理由と注意点

夜間の時間帯のパートを選ぶ主婦の方たちは、一体どのような理由で夜間に仕事をすることを選ぶのでしょうか...

バイトに受からないのは、女性だから?バイトに受かるコツ

生活費を稼ぐためや、欲しい物を買うお金を手に入れるために、バイトを探すのは、よくあることですが、それ...

コンビニの志望動機【高校生編】未経験でもアピールできる

コンビニバイトの志望動機に悩む高校生は必見です。志望動機とはどうしてこのバイトをしたいかという理...

マイナンバーでアルバイトの掛け持ちが会社にバレるのかを解説

本業の会社に内緒でアルバイトを掛け持ちしている場合、マイナンバーによって副業がバレてしまうのでは…と...

コンビニでバイトをする際の履歴書の自己PR文の書き方について

バイトをする際には履歴書の提出が必要となります。また履歴書には自己PRや志望動機の欄が設けられて...

アルバイトの履歴書に記載が必要な飲食店の志望動機の書き方

アルバイトでは履歴書の提出が必要となりますが、その中には経歴だけでなく志望動機や自己PRの記載欄...

アルバイトの面接で落ちる理由と採用になるためのアドバイス

アルバイトの採用では、必ず面接があります。アルバイトだからと、履歴書を適当に書いてしまったり、面...

コンビニのバイトは疲れる?キツイと感じられる理由について

バイトと言うとコンビニなら、手軽に始められるのでは?と感じますが、実際にはコンビニのバイトは疲れる、...

バイトの志望動機を考えるポイント【接客業】履歴書・面接対策

これから接客のバイトをしたいと考えている人の中には、志望動機についてどうしたらいいのか悩んでいる人も...

【面接マニュアル】バイト面接での高校生のマナーとよくある質問

高校生になり、バイトを始めようという方も多いと思います。ここで戸惑うのがバイトの面接です。特に、...

履歴書の特技やアピールポイントの書き方やポイントを紹介

アルバイトの履歴書には特技やアピールポイントを書く欄がありますが、これといって何もないときには空...

データ入力のバイトが在宅ワークで人気がある理由と注意点

データ入力のバイトは在宅でも行うことができるため、学生から主婦の方まで、幅広い年齢層に人気があるバイ...

高校生のバイト面接でよくされがちな質問と好印象を与える答え方

高校生になると今までよりも出来ることが増え視野が広がり、いろいろなことに挑戦したいという気持ちが湧き...

アルバイトの面接でされる質問とは?受け答えのポイント

アルバイトの面接ではどのような質問をされるのでしょうか。必ず聞かれる質問とは?受け答えを...

パン屋さんでバイトをするなら製造か販売か?評判について紹介

働くならパン屋さんやケーキ屋さんで、良いニオイに包まれて働くのが夢。そんな方も沢山いらっしゃいます。...

スポンサーリンク

主婦パートは履歴書で自己PRに何を書くべき?まずはスキルを確認

初めてのパート、もしくは初めての業種への応募へ出す履歴書に、資格、スキルをアピールできるのは、とても強みになります。
しかし、どのように履歴書でアピールしたらよいのか。

主婦であるからこそできるアピール

自己PRとして、パート先に必要な資格があればすぐに履歴書へ記入するこができます。

しかし、あまり関係がありそうな資格が無い場合、家事、育児の経験、前職での経験やスキル、またはこれまで学んだ事などを積極的にアピールしましょう。

履歴書で自己PRすることが見つからないときはコレを書き足しましょう

それでは、どうやって自己PRできる点を見つけ出し、アピールすることができるでしょうか。

当てはまるものがあるか、チェックしてみてください。

前職の経験から自己PR

  • 接客の経験
  • 商品の管理
  • パソコンのスキル
  • 経理の経験
  • 営業の経験

家事、育児、趣味の経験からの自己PR

  • 家事全般(掃除、洗濯、炊事など)
  • 育児経験
  • スポーツ
  • サークル活動

上記以外にも沢山の経験やスキルがあると思います。
これらが、応募先に必要な経験やスキルならば、そのまま具体的にどのような経験をしてきたのか記入できればよいでしょう。

しかし、未経験の業種に応募する際に、あまり必要ではなさそうな経験やスキルに感じても、共通できるところが少なからずありますので、探してアピールできるようにしましょう

例えば、以前はスポーツ店勤務で、今回はコンビニエンスストアへの応募であっても、接客、もしくは商品管理の部分では共通しているかもしれません。
また、お子さんを育てながら、家事、育児に頑張ってきたのでしたら、日常生活における家事、育児の優先順を考えて、効率よくこなすことができるなど、アピールできる点は色々探すことができます。

もしも、全く関連付けられそうな経験やスキルが無い場合には、新しい業種でこういう経験やスキルを身につけたいなど、貢献したという気持ちをアピールすることも大事です。

主婦パートの履歴書で子供の預け先がある場合は自己PRになります

お子さんのいるご家庭の場合、急な病気、怪我など予期せぬことが沢山起こります。
実際に応募先で働き始める際に、このような事が起こったときにどういった対応ができるのか、もしくはできないかをしっかりと伝えることも重要です。

  • お子さんの、急な病気、怪我の場合に祖父母、夫など、預け先があること
  • お子さんの、行事、休みなどに支障をきたさないようなシフト
  • お子さんの生活時間にあった勤務時間など(具体的に幼稚園へ通っている時間、休みなど)

特に急なアクシデントによるお子さんの預け先がしっかりされているのであれば、自己PRには最適でしょう。

このように希望することや、緊急の対策法などをしっかりとアピールすることで、応募先も採用有無の判断や対処の方法がわかりやすくなります。

パートの履歴書の自己PR・志望動機はわかりやすく書きましょう

自己PRや志望動機を書く上でぜひ盛り込んでいただきたい点が3点あります。

  1. 経験
  2. スキル
  3. 応募先の会社にどう貢献していきたいのか

経験やスキルがありすぐ役立つ場合、無い場合の紹介をします。

応募先に必要な経験やスキルがある場合

 

  • 実際に経験してきたエピソードを交えながら伝える
  • 具体的なスキルを、今度の仕事でどう生かせるのかを伝える

経験やスキルを生かせる根拠をはっきりと示すことも重要です。
その場合、「△△ができます」だけではなく、「○○という理由で、△△ができます」のように書くと説得力を増すのに有効です。

応募先に必要な経験やスキルが無い場合

  • 前職の仕事をどのような姿勢で取り組み、達成したのか伝える
  • 関連性のない経験、スキルであってもそれをどのようにしたら応募先の仕事に生かせるのかを伝える

そして、履歴書を書く上で大切なのが、履歴書を見る相手にとって読みやすくてわかりやすいことです。

応募先から文字数を指定された場合を除き、伝えたいことを端的にし、400字程度にまとめて書きましょう。
また、文字の大きさも、小さすぎず、大きすぎず、適度に改行を入れながら、少し大きめの文字で書くようにするとよいでしょう。

パートの履歴書の志望動機は大まかではなくピンポイントがおすすめ

志望動機を書く時には、「雰囲気が良い」「仕事の内容関心がある」などありきたりな表現は避けましょう。

応募先にどこで働いてもいいんだと思わせないことが大切

ピンポイントに「ここだ」と伝えることがおすすめです。

なぜ応募先を選んだのか、自分ならではの思いを伝えましょう。

志望動機は、働きたい理由、動機をしっかり記入することがポイントです。

単に、「自宅から近いから」 だけではなく、「自宅から近くて通いやすいため、長く働くことができます」など、具体的な理由を加えると相手に伝えやすくなります。
さらに、「子供が幼稚園に通っている時間に働くことができる」「子供の休みが土日で会社の休暇と合っている」など具体的に働ける時間や日数を伝えることも、応募先にとってはどうようなスタイルで働いてもらえるのかわかりやすくなります。