キーワード
  1. 就職
  2. 転職
  3. 手続き

バイト先でミスをした時の謝罪の方法と気持ちの伝わる謝り方

バイト先でうっかりミスをしてしまい、謝罪をしなければいけないという場面もあります。人間は完璧ではないので、ミスをしてしまうこともあります。問題は、その後の対応です。
そこで、バイト先でミスをしてしまった場合の謝罪の方法についてご紹介します。謝らなければいけない相手は、社員やバイトリーダーの場合もあれば、お客様への謝罪が必要なこともあります。自分の失敗を伝える時に大切なポイントを覚えておきましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

パン屋さんでバイトをするなら製造か販売か?評判について紹介

働くならパン屋さんやケーキ屋さんで、良いニオイに包まれて働くのが夢。そんな方も沢山いらっしゃいます。...

履歴書の特技やアピールポイントの書き方やポイントを紹介

アルバイトの履歴書には特技やアピールポイントを書く欄がありますが、これといって何もないときには空...

データ入力のバイトが在宅ワークで人気がある理由と注意点

データ入力のバイトは在宅でも行うことができるため、学生から主婦の方まで、幅広い年齢層に人気があるバイ...

バイトの面接日に寝坊してしまった時はすぐに電話で謝罪

バイト、面接日に寝坊してしまった!これは大学生あるあるかもしれません。面接時間に間に合わ...

履歴書【コンビニの志望動機】主婦でも採用されるポイントを紹介

コンビニのバイトに応募したいけど履歴書の志望動機で悩んでいるあなた。例えば、主婦ならどんな志...

バイト面接でよく聞かれることと印象の良い答え方

初めてバイトをする時には、バイトの面接ではどんなことを聞かれるのかと、不安に思う方が多いと思いま...

コンビニでバイトをする際に適した靴や服装についてアドバイス

バイトを探していると家が近所だったり、勤務時間やシフトの融通してくれる点などを考慮して、コンビニ...

バイトに受からないのは、女性だから?バイトに受かるコツ

生活費を稼ぐためや、欲しい物を買うお金を手に入れるために、バイトを探すのは、よくあることですが、それ...

アルバイトの履歴書に記載が必要な飲食店の志望動機の書き方

アルバイトでは履歴書の提出が必要となりますが、その中には経歴だけでなく志望動機や自己PRの記載欄...

パン屋のバイトの面接で聞かれることとポイント・服装と話し方

これからパン屋のバイトの面接を受けようと思っている人の中には、今までアルバイトをした経験がなく、面接...

高校生のバイト面接でよくされがちな質問と好印象を与える答え方

高校生になると今までよりも出来ることが増え視野が広がり、いろいろなことに挑戦したいという気持ちが湧き...

飲食店のアルバイトの面接で聞かれることや答え方について

飲食店のアルバイトの面接ではどんな事を聞かれるのでしょうか。緊張して上手く話せなかったらどうしよ...

初めての面接!バイトの志望動機の受け答えと重要なポイント

初めてのアルバイトは面接にも緊張をしてしまいます。どんなことを聞かれるのか、志望動機を聞かれたら...

夜間パートメリット・デメリット!主婦が夜間に働く理由と注意点

夜間の時間帯のパートを選ぶ主婦の方たちは、一体どのような理由で夜間に仕事をすることを選ぶのでしょうか...

コンビニの志望動機【高校生編】未経験でもアピールできる

コンビニバイトの志望動機に悩む高校生は必見です。志望動機とはどうしてこのバイトをしたいかという理...

スポンサーリンク

バイトでミスをしてしまった時の謝罪の基本

人間、長い事生きていくと多少のミスは致し方のない事です。
ミスをしてしまっても誠心誠意謝る事が社会人として、人間として大切な事です。

謝罪で大切な事

まずはミスをミスとして認め、謝罪はすぐにしましょう。

後で謝ればいいか、と放置しておくと謝るタイミングが分からなくなって時間が経てば経つほど謝りづらくなってしまいます。
謝るまでの間、相手がどう思っているだろうかなどと不安な気持ちが大きくなってしまいますし、相手が本当に怒っている場合には放置しておいた時間に比例して関係性は悪くなっていくばかりです。

相手の状況を確認してすぐに謝りましょう。

言い訳はダメ

謝る時には、どうしても言い訳をして保身を図ってしまいがちですが、自分の身を守るばかりの発言は相手の怒りを増幅させてしまいます。
謝る時にはまず「申し訳ございません。」と相手との関係性に合わせて謝罪の言葉から始めましょう。
反対に「でも」「だって」の言い訳の言葉は使わない事を心がける事です。

同じミスはしない事を約束しましょう

謝罪の言葉だけで、実際の振る舞いに改善が見られないというのはせっかく勇気を振り絞って謝罪をしたことが無駄になってしまいます。
しっかりと謝ったら同じミスはしない事を約束して、実行しましょう。

バイト先でお客様へのミスで謝罪する時の謝り方

バイト先では一緒に働く仲間の他に、対応するお客様という存在があります。
仕事をしているとお客様に迷惑が掛かってしまった、というケースも存在しますので、その時にどうしたら良いのかという事も考えてみましょう。

ケース別に見る謝罪の仕方

お客様を待たせてしまった時

人間ですから頼まれたことを忘れてしまったり、忙しさのあまり頼まれていたことを後回しにしてしまってお客様をお待たせしてしまう事もあります。

お金を払うのに待たされてしまう事はお客様にすると大変なストレスを感じてしまう原因になります。
こうした場面では、まず第一に待たせてしまっているという事実に対して謝罪をする事が大切です。
それからどうするのかという対応をして、頼まれたことを実行してこれからは気を付けますといった反省を添えると更に良いでしょう。

お客様の服を汚してしまった時

飲食店では、食べ物や飲み物を運ぶ時に誤ってお客様の服を汚してしまうというケースもあります。
こうならないように細心の注意を払わなくてはなりませんが、起こってしまった事に対してはやはり誠心誠意謝る事が大切であると同時に、相手に対する気遣いも最大限に見せなくてはなりません。
汚れてしまった衣服をキレイなおしぼりで拭く、けがは無いかなどを確認する気遣いが大切です。

この時にへらへらと笑っていたのではいけません。
表情も使ってしっかりと謝罪の気持ちを伝える事がお客様の怒る気持ちを和らげます。

うっかりバイトを忘れていた!そんな時の謝罪方法

しっかりとスケジュール管理をしていてもうっかり抜けてしまう事もあります。

バイトが入っていたことを忘れてしまっていた、確認不足のケースです。

自分で思いだして気付いた時

パニックになる前に冷静になりましょう。
まずはバイト先に電話です。
電話に誰かが出たらまず言い訳をせず、バイトを忘れてしまっていた事について謝罪をします。
気付いた時点で迅速にバイト先や上司となる人に連絡を入れる事が先決です。
この時に取る連絡方法はメールやLINEなどの方法はいけません。
必ず電話で、相手にきちんと伝わったことが確認できる方法でするのが社会の常識です。
誰にも電話での連絡がつかない時のみ、メールなどで連絡を入れておき、更に電話がつながるまで連絡をします。

バイト先から電話がかかってくるまで気付かなかった時

突然電話で今日バイトがあったことを告げられた時には嫌な汗が流れますが、この場合にも素直に謝罪する事が大切で、自分が今どこにいてあとどのくらいで出勤できるのか、また出勤する事ができないのかという事を告げましょう。

気を付けたい気持ちが伝わる謝罪のポイント

謝りたい気持ちがあっても、その謝罪の仕方によっては相手をより怒らせてしまう結果を作ってしまいかねません。
申し訳ないという気持ちを伝えるためには、相手の立場に立って迷惑をかけてしまった事を態度も使ってお詫びしましょう。

タイミングが大切

どんなことでもタイミングというのは大切なものです。
謝罪においても、謝る時には相手の状況を考えてからしなくては本意が伝わらない事がありますので、相手が忙しい時は避けて謝罪の気持ちを伝えましょう。

謝る時の動作

謝る時にはどのような言葉を言えばいいのかという事ばかりに気持ちが向いてしまいがちですが、謝る時の動作もとても大切なポイントです。
申し訳ないという気持ちを伝えたい時には、必ず「相手の目を見て」「しっかりと頭を下げる」事が大切です。
また、表情や声のトーンと言った要素も深く関わります。
本当に申し訳ないと思っていれば自ずと出てくるものですが、意識する事で伝わり方はもっと変わります。

謝り方

繰り返しになりますが、謝る時には言い訳は無用です。
弁解したい気持ちはわかりますが、相手の気持ちを落ち着けるためには弁解はいけません。
まずは謝罪の気持ちを伝えるために「申し訳ございません。」「ごめんなさい。」これをしっかり相手に伝えましょう。

バイトのミスは繰り返さないようにするのが大切

どんなミスでもそうですが、ミスしてしまった事実をちゃんと受け止めて、そのミスを次に生かしていくことがミスをしてしまった人間の最大のお詫びです。

失敗は成功の基という言葉もありますが、失敗から学ぶ事も多いのは確かです。
ミスをしてしまったらそのミスをそのまま放置するのではなく、今後そのミスを再び犯さないために自分にどのような事ができるかという事を考え、見つめなおす事をしましょう。
  • どうして今回のようなミスが起こってしまったのか
  • どうすればそのミスは起こらなかったのか
  • 今後このミスをしないために自分は何ができるのか

という事を自分の中で確認し、必要と思う事はメモにまとめていつでも見返す事ができるようにしておくなどの対応が必要です。

人はただ言葉だけで謝るのではなく、態度でしっかりと示す事で信頼も回復させる事ができます。
ミスをしても繰り返さないようにする気持ちと行動をしっかりと周囲に示して理解を得られるようにしましょう。