キーワード
  1. 就職
  2. 転職
  3. 手続き

コンビニの志望動機【高校生編】未経験でもアピールできる

コンビニバイトの志望動機に悩む高校生は必見です。志望動機とはどうしてこのバイトをしたいかという理由になります。バイト未経験の高校生でもアピールできる志望動機を考えなければなりません。

そこで、高校生向けコンビニバイトの履歴書の志望動機のポイントや注意点などについてお伝えしていきましょう。

面接では高校生らしい清潔感が好印象です。ぜひ参考に志望動機を考えてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

アルバイトの面接で落ちる理由と採用になるためのアドバイス

アルバイトの採用では、必ず面接があります。アルバイトだからと、履歴書を適当に書いてしまったり、面...

アルバイトの履歴書に記載が必要な飲食店の志望動機の書き方

アルバイトでは履歴書の提出が必要となりますが、その中には経歴だけでなく志望動機や自己PRの記載欄...

バイトの志望動機を考えるポイント【接客業】履歴書・面接対策

これから接客のバイトをしたいと考えている人の中には、志望動機についてどうしたらいいのか悩んでいる人も...

アルバイトの面接でされる質問とは?受け答えのポイント

アルバイトの面接ではどのような質問をされるのでしょうか。必ず聞かれる質問とは?受け答えを...

ホテルのアルバイト面接のポイントと好印象を与える受け答え方

ホテルのアルバイトの面接は他のアルバイトの面接よりも、どんな人材かじっくり見られます。ホテル...

大学生のアルバイトはいつから?始める時期の選び方について

大学生になるとアルバイトをしている方が多くなります。しかし始めてアルバイトをする方は、いつから始めた...

バイト先でミスをした時の謝罪の方法と気持ちの伝わる謝り方

バイト先でうっかりミスをしてしまい、謝罪をしなければいけないという場面もあります。人間は完璧ではない...

ネットで副業【初心者向け】始める前に知っておきたい成功のコツ

ネットを使った副業は初心者でも簡単に始めることができるので興味がある人も多いでしょう。主婦でも家に居...

コンビニのバイトは疲れる?キツイと感じられる理由について

バイトと言うとコンビニなら、手軽に始められるのでは?と感じますが、実際にはコンビニのバイトは疲れる、...

アルバイトの志望動機に家から近いという本音は言っても問題なし

アルバイトを始めるとき、志望動機に悩む人は多いようです。本当は家から近いという志望動機だけど...

バイトの面接日に寝坊してしまった時はすぐに電話で謝罪

バイト、面接日に寝坊してしまった!これは大学生あるあるかもしれません。面接時間に間に合わ...

履歴書の特技やアピールポイントの書き方やポイントを紹介

アルバイトの履歴書には特技やアピールポイントを書く欄がありますが、これといって何もないときには空...

高校生のバイト面接でよくされがちな質問と好印象を与える答え方

高校生になると今までよりも出来ることが増え視野が広がり、いろいろなことに挑戦したいという気持ちが湧き...

夜間パートメリット・デメリット!主婦が夜間に働く理由と注意点

夜間の時間帯のパートを選ぶ主婦の方たちは、一体どのような理由で夜間に仕事をすることを選ぶのでしょうか...

店長が嫌い!バイトが辛い・辞めたい時の対処法と考え方を解説

バイト先の店長のことが嫌いで、仕事を辞めてしまいたいと考えている人もいるのではないでしょうか。...

スポンサーリンク

コンビニバイトの志望動機で高校生がアピールできること

コンビニとは老若男女、年齢や性別を問わず様々な人が利用するお店です。
サービスも多種多様日々進化していますので覚える事は多いのですが、一旦仕事を覚えるととてもやりがいのある仕事でもあります。

コミュニケーションが大切

たくさんの人が利用するコンビニだからこそコミュニケーション能力は欠かす事のできない力になります。

小さい子供からお年寄りまで、サービスもたくさんあるので色々な事を聞かれる事も多いですが、どんな時でも笑顔で対応できるかという事が大切なのがコンビニバイトです。

ですから志望動機に「人と接する事に対する情熱」を書くと印象が良くなります。人と話す事が嫌いな人は残念ながらコンビニバイトには向いてません。
人と仲良くなることが得意などと言う事を盛り込んでいきましょう。

部活動での活躍

高校生ですとこれまでに学業以外で打ち込めるものと言えば部活動が挙げられます。

部活動では仲間とのコミュニケーションも大切ですが、体力を付けられたり、厳しい練習に耐えるという忍耐力を鍛えられた人もいるでしょう。
そうした経験は全て社会でも役に立つ人間力となりますので出し惜しみせずどんどんアピールしていきましょう。

コンビニバイト未経験の高校生は熱意を志望動機で伝える

コンビニバイトが初めてという高校生に志望動機を考えなさいと言うとまた悩んでしまいそうですが、まずは履歴書とは違う紙にどうしてそのコンビニを受けようかと思ったかを箇条書きで良いので書き出してみる事をおすすめします。

動機だけではなく熱意も伝えましょう

コンビニバイトでは愛想の良さなど他の要素も大切ですので、動機だけが重要視されるという事は無いと思われます。
志望動機がうまくまとまら無い時にはうまく良いことを書かなければならないという概念を捨ててみましょう。

家から近いのも動機になる

そのコンビニが家から近いというのも志望動機になります。
コンビニは365日24時間営業という店舗が多いのでお盆やお正月と言った他の人が休みたい時にも営業しなくてはなりませんので家から近いという事が有利になる事もあります。

また、家から近いという事はそのお店を利用した事もあるはずです。
いつも利用していて好きなお店だからとか、その店に対する愛を志望動機としても良いかもしれません。

自分のために働きたい

高校生は輝かしい未来があります。
将来したい事がコンビニのバイトによって何かしらのスキルになり得るのであればその旨も伝えましょう。
将来のために接客のスキルをコンビニ業界大手のこのお店で学びたい、などという事も良いかと思います。

高校生がコンビニバイトの履歴書に書く志望動機の注意点

アルバイトであっても志望動機は前向きで積極的なものである方が採用する側としても受け入れやすく、働く意欲が伝わりやすい物です。

友達を理由にする

高校生ですと、アルバイト先でも友達と一緒が良いと思う事もあるかもしれませんし、友達の紹介でそのアルバイト先を知る事もあるでしょう。
ですが、その友達がいる事を志望動機としてしまうと、その友達と何かあった時やその友達が退職してしまった時に一緒に辞めてしまうのではないかと採用担当の人が考えるのは自然な事です。
友達と自分は切り離した志望動機にしましょう。

軽い考えは駄目

この仕事なら自分でもできそうだと思いました、楽だという印象があるから応募しました。などという軽い気持ちがわかるような志望動機も良くありません。

どんな仕事でも楽な仕事というのはありません。
みんな苦労して生きているのですから安易な気持ちで来られるのは困る経営者もいるという事を忘れないようにしましょう。

気配りのできる高校生はコンビニバイトで必要とされる

冒頭でも書きましたがコンビニバイトはただレジ打ちをしていれば良いだけではなく、お客様から見えない仕事や接客に関係のない業務もたくさんありますのでチームワークが大切になる事もあります。

これを書いている私も高校生の時にコンビニでバイトをしていたことがありますが、季節に合わせた業務や店内の清掃、品出し、発注作業など通常の業務時間は5時間ばかりでしたが作業は山盛りでした。
その頃よりもコンビニのサービスはどんどん増えているので覚える事もする事もたくさんあるはずです。

何よりも大切だったのは目配り、気配り、心配りと言ったホスピタリティで、お客様の他にも従業員同士で次はお互いに何をするか、レジは誰がメインで入るか作業はどのように進んでいるかなどと言った事を把握しながら接客もしなくてはなりませんので同時に沢山の人への気配りが必要です。

コンビニでバイトをする上ではどんなに時代が変化しても変わらない事でありますので、高校生バイトだからと言って自分がしている作業だけに集中するのではなく、他人への気配りができる人物というのは重宝されるはずです。
今はそういったスキルが無くても実務を積んでいけば分かるはずですので、まずは人を思いやれる、その人には何が必要なのかという事を考える事ができるかという事がコンビニバイトでは必要になります。

コンビニバイトの面接では清潔感と言葉遣いに気をつけましょう

コンビニにはたくさんの人が来ます。
お客様の職種は様々ですので、コンビニの店員は思わぬところも見られていますので注意しなくてはなりません。

清潔感

まずは見た目が一番大切です。
髪もぼさぼさで爪も伸び放題、食品も扱う事がありますので見た目に汚い人は誰だって嫌悪感を覚えてしまうはずです。
髪が長いのであれば束ねる、短くするなどと言った見た目が大切で本部の人間が来た時に注意される事もあるかもしれませんので気を付けましょう。

言葉遣い

インターネットでも時々話題となるのが間違った敬語ですが、コンビニには言葉遣いに厳しい人が来ることもあります。
助動詞一つでもうるさいお店もあるかもしれません。

面接の段階では正しい日本語で、はきはきと分かりやすい話し方で誠実に対応していれば大丈夫です。
初めてバイトをするのであればそれはきちんと伝えましょう。
最初から百点満点の人はいませんが、普段の行いというのは面接でもにじみ出るものです。
そこでその人の人となりを判断される事もありますので明るくしっかりとした受け答えをするようにし前向きな姿勢を伝えましょう。