キーワード
  1. 就職
  2. 転職
  3. 手続き

履歴書の特技やアピールポイントの書き方やポイントを紹介

アルバイトの履歴書には特技やアピールポイントを書く欄がありますが、これといって何もないときには空欄でもいいのでしょうか。

特技やアピールポイントから採用担当者はどんな事をチェックしているのでしょうか。

履歴書の特技やアピールポイントの書き方、何も書くことがないときにはこのような特技を書くといいでしょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

バイト先でミスをした時の謝罪の方法と気持ちの伝わる謝り方

バイト先でうっかりミスをしてしまい、謝罪をしなければいけないという場面もあります。人間は完璧ではない...

アルバイトの面接で落ちる理由と採用になるためのアドバイス

アルバイトの採用では、必ず面接があります。アルバイトだからと、履歴書を適当に書いてしまったり、面...

バイトの履歴書の志望動機欄の書き方と面接日当日までの流れ

高校生、大学生にもなると、バイトをしてお小遣いや生活費を稼ごうと考える学生も多いと思いますが、履歴書...

高校生のバイト面接でよくされがちな質問と好印象を与える答え方

高校生になると今までよりも出来ることが増え視野が広がり、いろいろなことに挑戦したいという気持ちが湧き...

飲食店のアルバイトの面接で聞かれることや答え方について

飲食店のアルバイトの面接ではどんな事を聞かれるのでしょうか。緊張して上手く話せなかったらどうしよ...

コンビニのバイトは疲れる?キツイと感じられる理由について

バイトと言うとコンビニなら、手軽に始められるのでは?と感じますが、実際にはコンビニのバイトは疲れる、...

履歴書【コンビニの志望動機】主婦でも採用されるポイントを紹介

コンビニのバイトに応募したいけど履歴書の志望動機で悩んでいるあなた。例えば、主婦ならどんな志...

バイトの志望動機を考えるポイント【接客業】履歴書・面接対策

これから接客のバイトをしたいと考えている人の中には、志望動機についてどうしたらいいのか悩んでいる人も...

ネットで副業【初心者向け】始める前に知っておきたい成功のコツ

ネットを使った副業は初心者でも簡単に始めることができるので興味がある人も多いでしょう。主婦でも家に居...

大学生のアルバイトはいつから?始める時期の選び方について

大学生になるとアルバイトをしている方が多くなります。しかし始めてアルバイトをする方は、いつから始めた...

パン屋のバイトの面接で聞かれることとポイント・服装と話し方

これからパン屋のバイトの面接を受けようと思っている人の中には、今までアルバイトをした経験がなく、面接...

コンビニでバイトをする際の履歴書の自己PR文の書き方について

バイトをする際には履歴書の提出が必要となります。また履歴書には自己PRや志望動機の欄が設けられて...

コンビニでバイトをする際に適した靴や服装についてアドバイス

バイトを探していると家が近所だったり、勤務時間やシフトの融通してくれる点などを考慮して、コンビニ...

パートの履歴書に役立つ自己PRや志望動機の書き方について

パートの履歴書の自己PRや志望動機はどのような事と書いたらいいのでしょうか。自己PRは、ブランク...

アルバイトの志望動機に家から近いという本音は言っても問題なし

アルバイトを始めるとき、志望動機に悩む人は多いようです。本当は家から近いという志望動機だけど...

スポンサーリンク

履歴書は特技やアピールポイントをしっかり書き込みましょう

あなたは、就活のため、何十通という履歴書を書いていますか?あなたがまだ10代、20代なら、就職先は選ばない限り、いくらでもあると思います。ただ、履歴書には適切な書き方はあります。履歴書の特技の欄や、他の欄で、あなたのアピールポイントを書き、書類審査も十分に合格できる履歴書を作り上げ、就活を成功させて下さい。

特技をしっかり書くことで、面接官の印象に残りやすくなる

面接官も何十通、もしかしたら、何百通という履歴書をチェックします。その中で、面接官の印象に残るものでないと、競争倍率の高い仕事は、恐らくライバルに負けてしまいます。

履歴書の特技を空欄にせず、何か書くメリットは、その欄に適切な内容を書くことにより、面接官の印象に残りやすくなり、書類審査を合格しやすくなることです。面接官の印象に残る履歴書でなければ、書類審査も通りませんし、ましては、面接にもたどり着くことができません。履歴書の特技の欄はしっかりと適切な内容を記入し、面接官の方から好印象を得るようにして下さい。

好印象に残る特技を書くだけでも、書類審査は合格しやすくなりますし、採用率も高くなります。

ポイントはわかりやすさ履歴書の特技やアピールポイントの書き方

何十、何百という履歴書に面接官は目を通すのですから、できるだけわかりやすく、見やすい履歴書を提出するようにして下さい。履歴書の特技やアピールポイントも空欄にすることなく、見やすいように記入して、企業に提出しましょう。

箇条書きで書いた方が良い

履歴書は、面接官が見るものです。あなたがどんなに素晴らしい特技を持っていても、字が汚く、書き方が雑だと、読む気にもなれません。まず、字は綺麗に書いて下さい。そして、わかりやすく、箇条書きにして下さい。

ちょっとしたエピソードを書いても良い

あなたの趣味や特技、アピールポイントについて、何か履歴書に書けるエピソードがあるのなら、それをカッコ書きにして書いても見やすい特技、アピールポイントになります。

あなたが履歴書で書いた特技や趣味について、面接で面接官にちょっとした質問をすることもあります。急に聞かれてもきちんと答えられるよう、嘘は書かないで下さいね。

履歴書の特技やアピールポイントを書くときの注意点

履歴書の特技やアピールポイントの欄は、空欄よりは、何か面接官の気を引くものを記入した方が書類選考は受かりやすくなると思います。ただ、どんな特技を書いても書類審査が通るという訳ではありません。書いて良い特技、企業が読んで、あまりプラスに思えない特技や趣味も中にはあります。そのような否定的に捉えられるような特技は履歴書には、書かないで下さい。

実際に趣味だとしても、ギャンブルは書かない

例として、パチンコが考えられます。例えパチンコがあなたの本当の趣味だとしても、それは書かない方が無難な特技になります。それを書くよりは、例えば、夜は30分だけ英会話のテレビを見ています。上達にはまだ時間はかかりそうですが、英会話を趣味、特技としていますの方が企業に好印象を与えます。

宗教に関する事も書かない方が良い

面接官や企業の方が別の宗教を信仰していることもありますし、論争になりかねません。政治も含みますが、宗教に関することは履歴書には書かない方が、面接官とのやり取りもスムーズになると思います。

アルバイトの履歴書の特技は難しく考えずに得意な事を書くのもおすすめ

正社員とか、契約社員の職歴は簡単に履歴書、職務経歴書に書けるかもしれません。アルバイトの経験は、どうやって、履歴書や職務経歴書に書くべきなのか、迷いませんか?

履歴書に書く特技をそこまで深く考える必要はないと思います。あなたが履歴書に書いた特技を見て、あなたがどんな性格なのか、面接官がわかれば問題ないと思います。

面接官の気を引くような特技を書く

仕事にはあまり関わりはないかもしれませんが、面接官の方から、

「面白い趣味、特技をお持ちですね」

話題になる可能性はあります。あなた自身、人に言えるような趣味や特技がない時は、人と何か変わったことができないか、自問自答して下さい。

コーヒーを飲むのが趣味な方は、香りを嗅いだだけで、どこのメーカーだかわかるというのも面接官の気を引く、話題になる特技になると思います。

履歴書に特技やアピールポイントを書く事がない場合

いざ履歴書を書く時に、履歴書に書ける特技や趣味が思いつかないこともありますよね。学歴や自分の住所は、素直に書けたけど、個性を出す特技や趣味は何度考えても、思いつかない。

履歴書の特技の欄を空欄にしたり、「特になし」と書くのは、あまりお薦めできません。競争倍率の高い仕事では、恐らく落とされる要因になると思います。上記で、書かない方が良い趣味、特技を紹介しましたが、プラス、何かかしら面接官の印象に残るような趣味、特技は書いた方が採用される確率は高くなります。

どうしてもない場合は、特技の欄がない履歴書を買う

どうしても履歴書に書く特技やアピールポイントが見つからない場合は、特技の欄がない履歴書を購入して対応して下さい。履歴書は基本、全ての欄を記入して提出した方が、評価は高いです。ですが、あなたにどうしても履歴書に書ける特技やアピールポイントが見つからない場合は、例えば、自己アピールの欄が広い履歴書を買う、別のバージョンの履歴書を買って対応して下さい。

履歴書にも色んなバージョンがあり、一つの形式にこだわる必要はありません。下手に何か特技を書いて面接官に不評でも困りますよね。そうならないように、あなたに合った履歴書を買って、全ての欄に記入できるようにして下さい。