キーワード
  1. 就職
  2. 転職
  3. 手続き

夜間パートメリット・デメリット!主婦が夜間に働く理由と注意点

夜間の時間帯のパートを選ぶ主婦の方たちは、一体どのような理由で夜間に仕事をすることを選ぶのでしょうか。

実際に仕事を探している主婦の方の中には、夜間のパートを選ぼうか悩んでいる人もいますよね。

夜間の仕事には、昼間の仕事にはないメリットがあります。夜間のパートのメリットや、実際にその時間帯で仕事をする時の注意点を知って、夜働くことについて考えてみましょう。

夜間の仕事は体に負担がかかることもあります。自分の体調と相談しながら、夜間の仕事を選ぶかしっかりと決めましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

高校生のバイト面接でよくされがちな質問と好印象を与える答え方

高校生になると今までよりも出来ることが増え視野が広がり、いろいろなことに挑戦したいという気持ちが湧き...

コンビニでバイトをする際に適した靴や服装についてアドバイス

バイトを探していると家が近所だったり、勤務時間やシフトの融通してくれる点などを考慮して、コンビニ...

マイナンバーでアルバイトの掛け持ちが会社にバレるのかを解説

本業の会社に内緒でアルバイトを掛け持ちしている場合、マイナンバーによって副業がバレてしまうのでは…と...

バイトの履歴書の志望動機欄の書き方と面接日当日までの流れ

高校生、大学生にもなると、バイトをしてお小遣いや生活費を稼ごうと考える学生も多いと思いますが、履歴書...

パン屋さんでバイトをするなら製造か販売か?評判について紹介

働くならパン屋さんやケーキ屋さんで、良いニオイに包まれて働くのが夢。そんな方も沢山いらっしゃいます。...

コンビニでバイトをする際の履歴書の自己PR文の書き方について

バイトをする際には履歴書の提出が必要となります。また履歴書には自己PRや志望動機の欄が設けられて...

店長が嫌い!バイトが辛い・辞めたい時の対処法と考え方を解説

バイト先の店長のことが嫌いで、仕事を辞めてしまいたいと考えている人もいるのではないでしょうか。...

アルバイトの面接で落ちる理由と採用になるためのアドバイス

アルバイトの採用では、必ず面接があります。アルバイトだからと、履歴書を適当に書いてしまったり、面...

履歴書【コンビニの志望動機】主婦でも採用されるポイントを紹介

コンビニのバイトに応募したいけど履歴書の志望動機で悩んでいるあなた。例えば、主婦ならどんな志...

バイトの面接日に寝坊してしまった時はすぐに電話で謝罪

バイト、面接日に寝坊してしまった!これは大学生あるあるかもしれません。面接時間に間に合わ...

ネットで副業【初心者向け】始める前に知っておきたい成功のコツ

ネットを使った副業は初心者でも簡単に始めることができるので興味がある人も多いでしょう。主婦でも家に居...

バイト面接でよく聞かれることと印象の良い答え方

初めてバイトをする時には、バイトの面接ではどんなことを聞かれるのかと、不安に思う方が多いと思いま...

ホテルのアルバイト面接のポイントと好印象を与える受け答え方

ホテルのアルバイトの面接は他のアルバイトの面接よりも、どんな人材かじっくり見られます。ホテル...

バイトに受からないのは、女性だから?バイトに受かるコツ

生活費を稼ぐためや、欲しい物を買うお金を手に入れるために、バイトを探すのは、よくあることですが、それ...

データ入力のバイトが在宅ワークで人気がある理由と注意点

データ入力のバイトは在宅でも行うことができるため、学生から主婦の方まで、幅広い年齢層に人気があるバイ...

スポンサーリンク

主婦が夜間にパートをする理由は?生活スタイルや収入面で夜を選ぶ

日中と比較すると約1.5倍ほどの時給で働くことができる「夜間のパート」
そんな夜間のパートは最近主婦の皆さんから人気が高まっていると言われています。
子育てに家事に…と日々忙しいはずの主婦がなぜ夜間のパートを選ぶのか?ここではその理由についてお伝えしたいと思います。

主婦が夜間にパートをする理由とは?

  • 現状の生活環境を維持したいから
    今の生活環境を維持したいという理由で夜間のパートを選ぶ主婦の方は多いです。
例えば、小さなお子様がいる主婦の方が日中のお仕事をした場合だとお子さんは保育園や幼稚園に預けなければいけませんし、万が一、お子様の体調が崩れてしまうようなことがあればお母さんは仕事を休んで子供の面倒をみなければいけません。
また幼稚園等によっては平日に園の行事が組み込まれることも少なくありません。
夜間では効率的に上手くいっていたことが、日中に変えるとそうはいかなくなってしまうのです。
  • 収入面で不安が残るから
    一方で夜間は時給が上がるのが一般的ですのでそうした時給の良さから夜間のパートを選ぶ主婦の方もいるでしょう。
    子供がいるとどうしても様々な場面で何かとお金は必要になってきますから、高い収入を求める方は少なくありません。
  • 子供の預け先がないから
    小さなお子様がいるご家庭の主婦の方が日中働く場合には、多くの場合で保育園等に子供を預けていると思います。
    しかし、ニュースでもよく目にすることがあるように保育園に空きがないことは、珍しいことではありません。
    夜間にパートをする理由はそうした子供の預け先が関係している場合も考えられます。

主婦が夜間にパートをするメリット

主婦が夜間にパートをする上では様々なメリットがあります。

  • 子供関係の悩みが少なくなる
    子供が生まれると生活スタイルは大きく変わります。
    特に小さなお子様がいる場合には子供を中心に生活を回さなければいけなくなります。
    熱が出た場合には病院に連れて行ったり近くで寄り添ってあげなければいけませんし、保育園や幼稚園に預けている場合には子供の送迎もしなければいけません。
    場合によっては参観日などのイベントにも参加しなければいけないのです。
    こうしたことは日中に仕事をしていると、どうしても休んで対応するほかありません。
しかし、その反面夜間であれば日中は子供のことに集中することができますし、夜間は旦那様に協力を求めることで対応することができるのです。
今まで悩んでいた子供関係の悩みは大きく改善されることになるでしょう。
  • 収入が大きい
    今の世の中では「日中は働いて夜は寝る」というのが主流です。
    そのため、多くの人が休んでいる時間帯に働く夜間のお仕事は、時給が高く設定されている場合が殆どです。
    地域や職種にもよりますが「時給1000円以上」というパートは決して稀ではなく、日中によりも短い労働時間で同じ額またはそれ以上に稼げるのは、夜間にパートをする上でも特に大きなメリットと言えるでしょう。
  • 子供との時間を大切にすることができる
    子供が小さいうちは一緒に過ごす時間を多くとってあげたいと考える主婦の方は少なくありません。
    日中働いてしまうと当然ながら子供と過ごす時間は少なくなってしまいますから、子供が眠りにつく夜間の時間帯にお仕事を持ってくることができれば、日中は存分に子供と一緒に過ごしてあげることができます。

主婦の夜間パートにはデメリットも

主婦の夜間のパートには様々なメリットがある反面、少なからずデメリットがあるのも事実です。

  • 体調を崩しやすくなる
    夜間のパートは睡眠できる時間帯も変わってきますから、始めた最初の頃は体が慣れずに体調を崩してしまう可能性があります。
    また元々体力が無い女性などは特に体調管理に気を配る必要があります。
  • 計画性が重要になる
    夜間にパートをするからと言って家事や子育てが上手くいかなくなるようなことは避けなければいけません。
    また、そうならないためには何事にも「計画性」を持って進める必要があり、何でもかんでも後からやればいいやという考え方は改める必要があります。
  • 子供が寂しさを感じる可能性がある
    夜間のパートと言っても時間帯は様々です。
    日付が変わる0時頃から始まる夜間パートもあれば、20時頃から始まる夜間パートもあります。
    そのため、時間帯によってはお子様が寂しい思いをしてしまう可能性もあるため、その対策も必要になってきます。

夜間に主婦がパートで働く時の注意点

このように主婦の夜間のパートには良い点も悪い点もあります。
では、それらを踏まえた上で実際に働く場合には、どのようなことに注意して働けば良いのか見てみましょう。

主婦が夜間にパートをする時の注意点

注意点は1つだけ!「無理をし過ぎないこと」です。

夜間のパートはとにかく慣れるまでがしんどいと言われています。
そのため、夜間にパートをする際には過度にシフトを入れすぎたり、最初から長い時間で働くようなことはオススメしません。
まずは、睡眠時間がしっかりと確保できる程度の働き方(週1~2日、3~4時間程度)で、始めるようにしましょう。

生活のスタイルに体が慣れてきたと感じた段階で、自分の体調とよく相談をして少しずつ増やしていくことが大切です。

主婦が夜働くには家族の協力も必要!体調と相談しながら仕事をしよう

主婦が夜間にパートをする上では自分だけで決めないようにすることも大切です。

夜間に働くということは夜の子育て等は旦那様にお願いするということです。
いくら家族のためとは言ってもあなたが夜に働きに出れば今まで負担してきたことを旦那様に負担してもらわなければいけなくなるのです。
そのため夜間に働くのであれば、まずは、旦那様にその旨を伝えてしっかりと理解してもらう必要があります。

よく話し合って旦那様にも納得してもらった上で決めるようにしましょう。