キーワード
  1. 就職
  2. 転職
  3. 手続き

バイト面接でよく聞かれることと印象の良い答え方

初めてバイトをする時には、バイトの面接ではどんなことを聞かれるのかと、不安に思う方が多いと思います。
そこで、バイトの面接でよく聞かれることや、印象の良い答え方についてご紹介します。前もって、どんな質問が多いのか、どのように答えると印象が良いのかと理解しておくと、面接でも慌てずに、落ち着いて答えることができます。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

バイトの志望動機を考えるポイント【接客業】履歴書・面接対策

これから接客のバイトをしたいと考えている人の中には、志望動機についてどうしたらいいのか悩んでいる人も...

夜間パートメリット・デメリット!主婦が夜間に働く理由と注意点

夜間の時間帯のパートを選ぶ主婦の方たちは、一体どのような理由で夜間に仕事をすることを選ぶのでしょうか...

高校生のバイト面接でよくされがちな質問と好印象を与える答え方

高校生になると今までよりも出来ることが増え視野が広がり、いろいろなことに挑戦したいという気持ちが湧き...

コンビニでバイトをする際に適した靴や服装についてアドバイス

バイトを探していると家が近所だったり、勤務時間やシフトの融通してくれる点などを考慮して、コンビニ...

バイトの履歴書の志望動機欄の書き方と面接日当日までの流れ

高校生、大学生にもなると、バイトをしてお小遣いや生活費を稼ごうと考える学生も多いと思いますが、履歴書...

ホテルのアルバイト面接のポイントと好印象を与える受け答え方

ホテルのアルバイトの面接は他のアルバイトの面接よりも、どんな人材かじっくり見られます。ホテル...

【面接マニュアル】バイト面接での高校生のマナーとよくある質問

高校生になり、バイトを始めようという方も多いと思います。ここで戸惑うのがバイトの面接です。特に、...

アルバイトの履歴書に記載が必要な飲食店の志望動機の書き方

アルバイトでは履歴書の提出が必要となりますが、その中には経歴だけでなく志望動機や自己PRの記載欄...

コンビニの志望動機【高校生編】未経験でもアピールできる

コンビニバイトの志望動機に悩む高校生は必見です。志望動機とはどうしてこのバイトをしたいかという理...

履歴書【コンビニの志望動機】主婦でも採用されるポイントを紹介

コンビニのバイトに応募したいけど履歴書の志望動機で悩んでいるあなた。例えば、主婦ならどんな志...

店長が嫌い!バイトが辛い・辞めたい時の対処法と考え方を解説

バイト先の店長のことが嫌いで、仕事を辞めてしまいたいと考えている人もいるのではないでしょうか。...

アルバイトの志望動機に家から近いという本音は言っても問題なし

アルバイトを始めるとき、志望動機に悩む人は多いようです。本当は家から近いという志望動機だけど...

大学生のアルバイトはいつから?始める時期の選び方について

大学生になるとアルバイトをしている方が多くなります。しかし始めてアルバイトをする方は、いつから始めた...

パートの履歴書に役立つ自己PRや志望動機の書き方について

パートの履歴書の自己PRや志望動機はどのような事と書いたらいいのでしょうか。自己PRは、ブランク...

バイトに受からないのは、女性だから?バイトに受かるコツ

生活費を稼ぐためや、欲しい物を買うお金を手に入れるために、バイトを探すのは、よくあることですが、それ...

スポンサーリンク

バイトの面接で必ず聞かれること、志望動機や応募理由

バイトは面接がとても重要です。履歴書は用意しますが、高校生の場合だと際立った経験や資格などはまだないでしょう。面接での答えや態度によって決まると考えてください。

初めてバイトの面接を受けるのなら、面接でよく聞かれることを知っておき、自分なりの答えを用意しておくと安心です。うまく言葉にできないために面接を失敗したというのは悔しいですよね。希望のバイト先で働くことができるように、面接の質問には前もって準備をしておきましょう。

バイトの面接ではよく「志望動機」や「応募理由」を聞かれることが多い

「なぜ、私達のお店を選んだのか」とか「この仕事につきたいと考えた理由は」といった質問を受けたときのために、自分なりの答えを考えておきましょう。
バイトを選んだ理由には時給が良い、家から近い、勤務時間が希望通りなどといったことが多いと思います。これも立派な理由のひとつですが、これだけでは足りませんバイト先を褒めるような内容をプラスしてみてください。

例えば接客業なら、「人と接するのが好きだから」や「とても丁寧な接客をしているお店なので、自分も身につけたいと考えたから」といったその職種やお店ならではの答えを用意してください。
事務的な仕事なら「コツコツとやることが向いているので」、「このような仕事に興味があり、将来につきたい仕事と考えているので」といった答えも良いでしょう。

これまでのバイト経験も面接でよく聞かれること

バイトは即戦力を求めている場合が多いです。仕事に慣れている、またはすぐに仕事を覚えて助けになる人材が欲しいと考えているところが多いでしょう。

これまでのバイト経験もまた聞かれることが多い質問

バイト経験がない人は正直に伝えてください。

経験がないことだけでなく、意気込みを感じられるような一言を付け加えても良いです。

「アルバイトの経験はありませんが、少しでも早く仕事をおぼえられるよう頑張りたいと思います」のような言葉をプラスしてみると印象が良くなります。

バイトの経験がある人はそれが強みとなりますので、積極的にアピールするようにしてください。経験のない人ならはじめから全て教えこまなくてはなりませんが、経験があるのなら基本的なことは身についています。必要なことや独自のやり方だけを教えてもらえればすぐに活躍できるということをアピールしてください。

バイトの経験がある場合、前のバイトを辞めた理由を聞かれる場合もあります。仕事でミスが多かったとか遅刻ばかりしてクビになったのでは雇いたいと思われるわけがありません。シフトが変わり勤務が難しくなったのような、バイトを続けたかったけれど仕方なかったという答えを見つけてください。

バイトの面接では長所や短所についてもよく聞かれること

バイトの面接では長所と短所もまたよくある質問です。長所については答えることが恥ずかしくなりますし、短所は自分のよくない部分のため控えたいと思ってしまいますよね。また、特に長所なんてないと感じている人もいるでしょう。

面接で聞かれる長所は特技を聞かれているわけではありません

もちろん、際立った特技があればアピールしても良いですが、性格の面での長所と捉えておくと良いでしょう。

長所なら明るい性格、コツコツ努力をする、体力に自信があるといった内容で構いません。できればバイトの職種に関係する内容にすると良いでしょう。例えば接客業のバイトの面接を受けるのであれば「周りから明るい性格だとよく言われます。人と接することが好きなところが長所だと思います」といった答え方ができると良いでしょう。肉体労働の要素が強いバイトなら「ずっと野球を続けてきたので体力には自信があります」といった答え方ができます。

短所については、それを補う内容もプラスしてください。人見知りをするという短所なら「人見知りをするところがあるため、積極的に人と接するように心がけています」とか、「大きな声でハキハキと話すことを意識しています」といった自分なりの対策を答えに入れてみてください。

バイトのシフトについては正直に話すのがおすすめ

バイトはシフトを組んで働く場合が多いです。高校生という立場なら学校の勉強を一番に考えなくてはなりません。

学校とバイトを両立できることが前提

そのため、シフトについては正直に話してください。無理をしてシフトを組んだところで、バイトを続けることは難しくなります。採用されたいがために相手が希望する答えをとりあえず言ってみたり、後から調整してもらえばいいなどと適当に答えるのはよくありません。

シフトに関しては自分が無理なく働くことができる時間、希望の休みなどを正直に伝えるようにしましょう。

バイト先はスタッフが足りない時間帯を補うためにバイトを雇いたいと考えています。その時間帯に働けないのなら、雇う意味がありません。

面接の場で都合の良い答え方をしていては無責任になります。シフトについては働くことができる時間帯をきちんと話すようにしてください。

第一印象は大切!バイト面接でのマナー

バイトの面接では第一印象もとても大切

面接でのマナーをおさえておき、バイト先に失礼がないようにしましょう。

バイトの面接時間は厳守してください。面接の時間に遅れてくるような人ならバイトのシフトにも遅刻すると思われても仕方ありません。面接場所までの道順や交通機関は事前に調べておき、少し早めに着くようにしてください。
早く着きすぎても迷惑をかけることになります。面接時間の5~10分前を目安にして、それより早く着いてしまった時は近くで時間を潰すようにしましょう。

面接当日に何かトラブルがあり、面接時間に遅れそうな場合は必ず事前に電話連絡を入れてください。

面接場所に着いたら挨拶を忘れないでください。既に働いているスタッフと会ったときも、スタッフに挨拶するのを忘れないでください。

面接ではハキハキと大きな声で答えるようにしましょう。友達に話すようなタメ口になったり、言葉を省力したり、馴れ馴れしくならないように気をつけ、正しい言葉使いをしてください。敬語を使うことは基本ですが、間違えても気にしないで大丈夫です。敬語を正しく使いこなせている人なんてそうそういません。

姿勢をよくして、相手の目を見てはっきり答えることが大切です。余裕があれば堅い表情になりすぎないように、時折笑顔になってみてくださいね。