キーワード
  1. 就職
  2. 転職
  3. 手続き

イライラして集中できないときの対処方法と気持ちの切り替え方

イライラするとそのことに囚われてしまいなかなか集中できないときには、どのようにして気持ちを切り替えたらいいのでしょうか。

イライラしたときにすぐできる対処方法と気持ちの切り替え方を紹介します。

自然に行うことができるので、気分を変えたいときにもおすすめです。ちょっとした事でイライラしてしまうのは、体を動かしたいというサインかもしれません。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

体がしんどい仕事がしんどいと感じる理由、肉体的精神的疲労とは

仕事をしていると体がしんどいと、悲鳴を揚げてしまう場合があります。しんどいと感じるのは体が疲労してい...

ストレス発散方法がわからない!対処法とストレスを溜めない方法

仕事や職場の人間関係にストレスを感じて過ごしている人もいるのではないでしょうか。ですが、どのよう...

イケメンなのに自信がない…自信をつけるコツとポイント

イケメンなのに自信がない、自信が持てないときにはどのようにして自信をつけたらいいのでしょうか。...

毎日イライラ!中途で入った未経験が全然使えない…

キャリアアップすると、新人の教育を任されることも珍しくありません。一から仕事の内容を教えることだ...

仕事がうまくいかないとイライラする気持ちの乗り越え方

「仕事がうまくいかない…。」とイライラしている方はいませんか?仕事中はもちろん、仕事が終わってからも...

できない部下にストレスを感じた時に、するべき育成方法

会社である程度キャリアが上がると、自分に部下ができ、直接指導することもありますが、正直仕事ができない...

仕事のストレスで不眠になる前に発散するコツや環境の整え方

仕事のストレスが原因で不眠に悩んでいるあなた。眠れないと余計に仕事のことばかり考えてしまっていません...

イライラするときの対処方法とは?すぐにする事あとにする事

イライラするときにはどのような対処をしたらいいのでしょうか。頭に血が登ったときには、まずは新鮮な空気...

スポンサーリンク

イライラで集中ができないときにはイライラを受け入れましょう

仕事は赤の他人同士が集まって行うものですから、イライラする事の1つや2つやくらい出てくるのが普通です。
しかし、あまり長い時間イライラを引きずり過ぎてしまうと集中力が低下し、仕事へ影響してしまうため、仕事をする上では適度にイライラを解消することが大切となります。
そこで気になるイライラの解消法ですが、イライラを解消する方法には、様々な方法があります。

まず1つ目にご紹介する方法は「イライラを認める方法」です。

イライラは「おさまれ!」と思っても中々そう簡単におさまるものではありません。
原因となる事がそこにある限りは長くイライラが継続するものなのです。
そのため、イライラした時は無理にむかつく気持ちを鎮めようとするのではなく、とりあえずはそのままにして、まずは身体の緊張を解すことを行うようにしましょう。

イライラしている時は身体が強ばり緊張状態になっていることが多いです。

緊張を取り除き身体が安らげる状態にしてあげることができれば、心に余裕を持たせることができ、自然とイライラを鎮めることができるのです。

身体を安らげる状態にする方法はどんなことでも構いませんが、簡単にできる方法としては深呼吸がお勧めです。
深呼吸は副交感神経を活発にさせ、イライラを含めたストレスと密接な関係にある自律神経の状態を、良好な状態に整える効果があります。
椅子に座りながらでも問題ありませんので、息を吸って、ゆっくりと吐き出す行為を5~6回ほど繰り返してみて下さいね。

イライラして集中できないときには席を外して体を伸ばしましょう

イライラして仕事に集中できない時は「一旦その場を離れる」ことも重要です。

目の前にある書類やパソコン等々の仕事関連のモノは、「早く仕事をしなきゃ!」という気持ちを強まらせる原因になり、あなたの状態を悪い方向へと追い込んでしまうだけだからです。
イライラしている時にそんな状態へ追い込んでしまっても、良い事は何一つありませんので、むかついた時は一旦そうした状況から避難するようにしましょう。

イライラからの避難場所はトイレがお勧めです。

仕事関連のモノが殆ど無くまた個室であるトイレは身体をラクにすることができます。
ここで存分に身体を伸ばせば気持ちもすっきりリフレッシュできるでしょう。
また、身体を伸ばす際は頭から指先までの全身を伸ばすことを意識して、力を抜いてリラックスしましょう。

気持ちが少しでも落ち着いたらリラックスできた証です。
自分のタイミングで席に戻って仕事を始めましょう。

そのイライラはナゼ起きている?集中できない理由を無くす事も大切

イライラで集中できない時には必ず何かしらの「原因」があると思いますが、その原因は一体どのようなことでしょうか。

イライラを鎮める上ではイライラの原因をしっかりと認識することも欠かせません。
なぜなら、理由をしっかりと突き止めることができればイライラに対する的確な対処をすることができ、イライラを確実に鎮めることができるためです。

また、仕事に伴うイライラは主に人間関係や、仕事が思うように行かない時などで発生しますが、イライラは上記以外にも意外と些細な事が原因となることも少なくありません。
例えば単純にお腹が空いていることがイライラの原因となっている場合もあります。
人間はお腹が空くと血糖値が下がります。
この時、脳は下がった血糖値を上げるためにアドレナリンを多く出すため、その結果攻撃的になってしまうのです。
空腹がイライラの原因となっている時は血糖値を上げること、つまり、何かしらの食べ物を口に入れて空腹を満たすことで改善することが出来ます。

イライラした時は「自分は何に対して怒っているのか?」を分析してみて下さいね。

些細なことでイライラ…集中できないときは整理整頓

仕事は自分が進めやすい環境で行うことで最も作業効率を上げることができます。
作業効率が悪ければ、残業をしなければいけない場合もありますし、それに伴ってイライラすることも多くなります。

仕事を進めやすい環境に整えることは、イライラを招かないようにする上で、とても重要なことなのです。

そこで自分の作業環境を見直してみましょう。
書類等は散乱していないか、必要なモノがどこにあるか分からない状態になっていないか等々、デスクの上や中が仕事をしやすい環境になっているか?チェックしてみて下さい。整理整頓ができていないのであればデスクの整理整頓から始めてみると良いでしょう。
必要なモノをすぐに取り出せることができて、キレイに整理整頓されたデスクは、集中力の向上に繋がります。
イライラすることなく仕事をスムーズに進めることができるはずですよ。

また仕事は「全てを一気にこなそうとしない」事もイライラを招かない上で大切です。

電話や来客対応、書類の作成や取引先へのメール返信、上司への報告などの仕事は、1つずつ済ませた上で次に進むようにしましょう。

人間の脳には限界があります。
全てのことを一気に済ませようとすると混乱し、混乱した先に待っているのは、無駄に長い時間を要したり、上手く進めることができずにイライラする等の状況ですので、注意しましょう。

イライラして集中できないのは元気がありすぎる?体力を削るのもおすすめ

イライラするということは心に余裕が無いということです。
心の中が積もり積もったイライラという「エネルギー」で一杯になってしまっている状態なのです。
そのため、些細な事でもすぐにイライラしてしまう!というような時には、身体を動かしてイライラというエネルギーを消費させることをお勧めします。
溜まりに溜まっているイライラの体力を消費することができれば、その後にイライラすることは限りなく低くなるはずです。
心に余裕が出来ることで仕事への集中力も高まることでしょう。

またイライラのエネルギーを発散する方法はどんなことでも構いません。
軽くジョギングや筋トレをするのも1つの方法ですし、1人カラオケで思うままに熱唱するのも良いでしょう。

あくまでも目的は「イライラによって蓄えられた体力を消費すること」です。
自分に合った方法でイライラのエネルギーを消費してイライラ解消へと繋げましょう!