キーワード
  1. 就職
  2. 転職
  3. 手続き

イライラするときの対処方法とは?すぐにする事あとにする事

イライラするときにはどのような対処をしたらいいのでしょうか。頭に血が登ったときには、まずは新鮮な空気を身体に取り入れましょう。

できるのであれば、環境を変えるのもおすすめです。イライラしてしまうことを掘り下げて考えてみるのはどうでしょうか。

イライラしないようにするコツやイライラとの向き合い方を紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

イライラして集中できないときの対処方法と気持ちの切り替え方

イライラするとそのことに囚われてしまいなかなか集中できないときには、どのようにして気持ちを切り替えた...

仕事のストレスで不眠になる前に発散するコツや環境の整え方

仕事のストレスが原因で不眠に悩んでいるあなた。眠れないと余計に仕事のことばかり考えてしまっていません...

ストレス発散方法がわからない!対処法とストレスを溜めない方法

仕事や職場の人間関係にストレスを感じて過ごしている人もいるのではないでしょうか。ですが、どのよう...

仕事がうまくいかないとイライラする気持ちの乗り越え方

「仕事がうまくいかない…。」とイライラしている方はいませんか?仕事中はもちろん、仕事が終わってからも...

毎日イライラ!中途で入った未経験が全然使えない…

キャリアアップすると、新人の教育を任されることも珍しくありません。一から仕事の内容を教えることだ...

体がしんどい仕事がしんどいと感じる理由、肉体的精神的疲労とは

仕事をしていると体がしんどいと、悲鳴を揚げてしまう場合があります。しんどいと感じるのは体が疲労してい...

イケメンなのに自信がない…自信をつけるコツとポイント

イケメンなのに自信がない、自信が持てないときにはどのようにして自信をつけたらいいのでしょうか。...

できない部下にストレスを感じた時に、するべき育成方法

会社である程度キャリアが上がると、自分に部下ができ、直接指導することもありますが、正直仕事ができない...

スポンサーリンク

イライラしたときにすぐできる対処方法

日々の生活ではイライラしてしまう場面もありますよね。
それは誰にでもありえることで、ある意味仕方のないことです。

しかし、イライラするのが単発に起こる「ある場面」ではなく、特定の人、しかも毎日顔をあわせるような人の場合には、頻繁にイライラすることになってしまいます。

イライラする相手には関わらずに距離を置くことがベストな対処法

ですが、例えば仕事の同じチームのメンバーや直属の上司などの場合には、距離を置くことも難しくなりますよね。

そういう場合にはどうしたら良いのでしょうか?

まず、イライラしている事を周りに悟られるのは避けたいところです。
「キレやすい人」というのは、あなたにとってマイナスイメージとなってしまうからです。

そういうイメージを与えないためには、イライラを収めるしかありません。

可能であれば、素早くその場から離れるのが良いでしょう。

イライラが発生した場所から離れることで、気持ちを切り替えやすくなります。

もしも離れられないのであれば、10秒我慢してみてください。

怒りの感情の持続時間は短く、10秒こらえれば少し感情が収まって、理性的に対応できると言われています。

イライラし始めたら、ゆーっくりと深く息を吸って、静かに細く長く吐き出しましょう。
吸うのに5秒、吐くのに5秒かけて、ゆっくりと行ってみてください。
まだイライラしてしまうなら、ゆっくりと深い呼吸に意識を向けて、リラックスすることに集中しましょう。

毎日顔をあわせる相手であれば、怒りを爆発させても良い結果を得られる可能性はそれほどありません。

溜まったイライラをいつの間にか対処する方法

イライラする相手と毎日顔を合わすと、爆発を抑えることは出来てもストレスは少しずつ溜まっていきます

適度なストレスは健康に良いと耳にしますが、過度なストレスは体に悪影響を及ぼします。

友達と遊んだり、旅行に出かけるなどのストレス発散方法が一般的ですが、大切なのはこまめなストレス解消です。

そこで、小さなリラックスをたくさん盛り込むのがおすすめです。例えば、デスク周りはお気に入りの小物や文房具で揃えて気分を揚げたり、休憩中に好きな音楽を聞くのも良いでしょう。

デスク周りなどに自由度が低い職場であれば、こまめにトイレ休憩するのがおすすめです。
仕事が立て込んでいるとついつい後回しにしてしまうこともありますが、気分転換も兼ねて意識的にトイレ休憩を取りましょう。
トイレに用が無くても、誰もいないトイレで軽いストレッチなどをするとプチリフレッシュになりますよ。
座りっぱなしの職種の方は特におすすめです。

職場によってはNGであることもありますが、ガムも実はおすすめです。
噛む動作で脳に刺激がいき、リフレッシュ効果が得られると言われます。
スポーツ選手が実践することで有名になった方法です。

ランチには、イライラを鎮める作用があるといわれるカルシウムやビタミンB1、ビタミンCを積極的に取るのもおすすめですよ。

イライラするときには分けてみましょう!大人な対処方法

イライラを鎮めることが出来ても、毎日同じようにイライラしてしまうなら、次に必要なのは「対処」です。

イライラすることが、自分で変えられることかどうかを考えてみましょう。

自分で変えられることの場合、解決策を考えれば良いのです。
イライラの原因が自分にとって重要であれば早急に対処が必要で、重要でないならできる時に行えば良いだけ。
スピードの問題です。

さて、もっとも困るのが自分にとって重要だけれど、自分では変えられない事である場合です。
自分で変えられないからと放置してもイライラは収まりません。

ですから、自分にできる他の何かを探してみましょう。
その何かが複数あるのであれば、優先順位をつけてみると行動に移りやすくなりますよ。
最後に、自分では変えられず、さほど重要でも無い場合。
この場合の選択肢は、「やり過ごす」の一択です。

感情的になるだけ損というもの。
サラリと交わす大人な対応を身に着けましょう。

イライラする事を対処したり向き合うことはプラスになります

イライラしてしまった時にもっとも重要なのは、爆発しないことでしょう。
しかし、ただ落ち着こうとするだけでは怒りのやり場に困ってしまうかもしれません。
そこで、イライラを言葉にして紙に書き出してみましょう。

書き出した紙にはどんな言葉が綴られていましたか?

  • 「ふざけるな!」
  • 「バカにするな!」
  • 「いいかんげんにしろ!」
  • 「情けない!」
  • 「なにやってるんだ!」 などなど。

「怒り」には実はたくさんの感情が含まれています。
怒りはもちろんですが、悔しいときも恥ずかしいときもイライラしますよね?
他にも後悔している時、自責の念にかられている時、自己嫌悪や嫌悪感、不満や敵意、攻撃心や拒否感を抱くときにも、軽蔑するときや同情する時にもイライラしてしまうかもしれません。

他にも「ごめんなさい」や「申し訳ない」などと綴られているかもしれませんね。
こういった言葉から、隠された感情を知ることが出来ます。

この様に「怒り」にはいろいろな感情が隠されていて、それは他人だけではなく自分にも向けられる感情なのです。紙に書き出し自分のイライラに隠された感情を知ることで、解決策を見つけ出しやすくなりますから、そのイライラをコントロールしやすくなるのです。

イライラする人を変えるよりも自分を変えるほうが早い

特定の人にイライラする時、相手の短所についていくら思いを巡らせてもイライラの解決には繋がりません。

たとえその短所を本人に伝えたとしても、相手の方がその言葉を真摯に受け止めて対処するとは限りませんし、中には反発する人すらいるでしょう。
他人を変えると言うのはとても困難なことなのです。

そもそも、相手を自分の思い通りに変えようと言うのは自己中心的でとても合理的とは言えないと思います。
それよりも、自分が変わる方がずっと楽で早い対処法ですよ。

多くの人は他人に対してイライラと怒りを募らせている時には、「相手が悪い」と思っていますよね。
ですが、少しだけ冷静になって相手の状況を分析してみましょう。
もしかすると体調が優れなかったり、他の何かで精神的なダメージを受けていたために、そのストレスを外へ発散してしまっただけかもしれません。
そういう時は誰でも少しだけ攻撃的になってしまうものですよね。

また、この話をあとで面白く話せないかと考えてみるのもおすすめです。
イライラしてることに目を向けてもなかなかイライラをやり過ごすことは出来ませんが、友達に話す苦労ネタとして捉えれば、意外と苛立ちも収まるものです。
笑えるオチがあれば、友達との会話もより楽しくなることでしょう。

イライラしている人は周りから見るとあまり良い気分になるものではありません。
上手にイライラをコントロールして、自分も周りも気分よく過ごせるようにしたいですね。