キーワード
  1. 就職
  2. 転職
  3. 手続き

仕事のストレスで不眠になる前に発散するコツや環境の整え方

仕事のストレスが原因で不眠に悩んでいるあなた。眠れないと余計に仕事のことばかり考えてしまっていませんか?

そこで、不眠になるくらいの仕事のストレスを軽くするための発散するコツや気持ちよく眠れる就寝環境の整え方についてお伝えしていきましょう。

眠れないくらいのストレスが続くなら働く環境を考えることもおすすめです。
ぜひ参考にあなたに合った方法を見つけてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

できない部下にストレスを感じた時に、するべき育成方法

会社である程度キャリアが上がると、自分に部下ができ、直接指導することもありますが、正直仕事ができない...

体がしんどい仕事がしんどいと感じる理由、肉体的精神的疲労とは

仕事をしていると体がしんどいと、悲鳴を揚げてしまう場合があります。しんどいと感じるのは体が疲労してい...

毎日イライラ!中途で入った未経験が全然使えない…

キャリアアップすると、新人の教育を任されることも珍しくありません。一から仕事の内容を教えることだ...

ストレス発散方法がわからない!対処法とストレスを溜めない方法

仕事や職場の人間関係にストレスを感じて過ごしている人もいるのではないでしょうか。ですが、どのよう...

仕事がうまくいかないとイライラする気持ちの乗り越え方

「仕事がうまくいかない…。」とイライラしている方はいませんか?仕事中はもちろん、仕事が終わってからも...

イケメンなのに自信がない…自信をつけるコツとポイント

イケメンなのに自信がない、自信が持てないときにはどのようにして自信をつけたらいいのでしょうか。...

イライラするときの対処方法とは?すぐにする事あとにする事

イライラするときにはどのような対処をしたらいいのでしょうか。頭に血が登ったときには、まずは新鮮な空気...

イライラして集中できないときの対処方法と気持ちの切り替え方

イライラするとそのことに囚われてしまいなかなか集中できないときには、どのようにして気持ちを切り替えた...

スポンサーリンク

仕事のストレスで不眠に悩む人は多い

仕事でストレスを抱えている場合、体に現れる最初の兆候が「不眠」だと言われています。

頭の中で様々な出来事が駆け巡り、眠たくても眠る事ができないという人はたくさんいます。

また、たとえ眠れたとしても眠りが浅く、すぐに起きてしまうなど、眠りが長く続かないという悩みを抱えている人も多くいるようです。

眠れない日が数日で終われば良いのですが、長い期間続いてしまうと、体に負担がかかってしまいます。

不眠状態が続くと、頭痛がしたり、体が全体的に痛いなど、様々な体の不調が起きてしまいます。

体の不調はストレスを助長させてしまうので、早めの対処が必要です。

不眠になっているのは仕事のこんなストレスが原因

ストレスを解消して不眠症状を改善するためには、ストレスの原因を見つけ、改善する事が必要です。

仕事をする上でストレスをゼロにする事はできませんが、少しでも軽減できるようにまずは原因を探しましょう。

よくある仕事のストレスの原因を3つ紹介します。

  • 職場の人間関係
    仕事では、自分の好きな人とだけ付き合うという事はできません。
    様々な年代の人と円滑にコミュニケーションを取りながら仕事を進める必要があります。
    中にはどうしても性格上合わないという人もいるでしょう。
    その場合でも、仕事をするためには上手く付き合っていかなければならないのです。
    頭ではわかっていても、気を使いながら人付き合いをするのは非常にストレスが溜まります。
少しでもストレスを軽減するためには、割り切った付き合いをするしかありません。
職場の人はあくまで「仕事仲間」であり、友人ではありません。
無理に仲良くする必要はなく、仕事を円滑に行うための人物として、割り切った付き合いを心がけましょう。
相手に大きな期待をせず、仕事上必要な最低限のコミュニケーションを取るようにすれば、ストレスは軽減されます。
  • 責任の大きい仕事を任される
    働き出してある程度たつと、どんどん責任のある立場になってきます。
    プロジェクトのリーダーを任されたり、新人の指導係を任されたり…嬉しい反面不安な気持ちを抱えてしまう場合もあります。
    仕事でストレスを感じやすい人は完璧主義者であることも多いです。
    100パーセントを目指す事は大切ですが、まずは80パーセントでも十分だろうという気持ちで仕事に挑んでみてはいかがでしょうか?
    自分で自分を追い込むのは、あまり良い事とは言えません。
    信頼できる上司や同僚に仕事の相談をするなど、ストレスを軽減できるような工夫をしてみましょう。
  • 給料が低い
    自分の仕事内容と給料が合わない場合や、成果を出しているのに評価が上がらない場合もストレスを感じてしまいます。
    何年も働いているのに、新入社員と給料が同じな場合はショックを受けてしまうでしょう。
    この先も給料アップが期待できない場合は、思い切って給料の交渉をしてみたり、別の会社への転職を考えてみても良いのではないでしょうか?

不眠になる前に仕事のストレスは溜め込まずに上手に発散

ストレスは、溜め込みすぎると心身に支障が出てきます。

不眠などの深刻な症状が出てくる前に、感じているストレスを上手に発散する必要があります。

例えば歌が好きな場合はカラオケで思いっきり歌ったり、体を動かすのが好きな場合はジムで筋トレをするなど、休日は自分の好きな事に時間を使います。

趣味を楽しんだり、家族や親しい友達とたくさん話す事でストレス発散になる事もあるでしょう。

愚痴が溜まっている場合は、話を聞いてもらうだけでも気持ちがラクになる場合もありますよ。

ストレスを発散する事ができれば、心身ともにバランスが取れ、夜もしっかり眠る事ができるでしょう。

また、気分を落ち着かせ、自律神経のバランスを整える事も大切です。

マッサージやアロマテラピーなどでリラックスすれば、質の良い睡眠に繋がります。

軽い運動もリラックス効果があるので、好きな音楽を聞きながら家でストレッチをするなど、少しでも体を動かすと気持ちも明るくなるでしょう。

なかなか眠れないなら就寝環境も整えてみましょう

不眠で夜しっかり眠る事ができないと、昼間の仕事中に眠くなってしまう事があります。

仕事中に眠くなってしまうと、仕事が上手くいかず、結果としてまたストレスが増えてしまう事になります。

そんな悪循環を防ぐためにも、不眠を解消しなければなりません。

しっかりと眠る事ができれば、頭がスッキリとして仕事がはかどります。

しかし「寝よう寝よう」と意気込んでしまうと、逆に眠る事ができなくなってしまうものです。

まずは睡眠時間を逆算して、睡眠時間前の8時間はどんなに眠くても我慢するようにしましょう。

例えば23時に寝る場合は、15時以降に昼寝をしてはいけません。

どんなに眠くても我慢して耐えることで、夜しっかりと眠る事ができるのです。

気持ちよく眠るために最も効果を感じやすいのが「枕」です。

枕が合わないと、上手く眠れなかったり、眠れたとしても疲れが取れていない事もあります。

枕は多少お金をかけてでも、自分に合ったものを選ぶのがおすすめです。

ゆっくりと湯船に浸かってお風呂で疲れをとったら、圧迫感のないリラックスできるパジャマに着替え、深く深呼吸してから目を閉じると緊張がほぐれてぐっすりと眠れるはずです。30分経っても眠れない場合は、一度布団から出て本などを読んで気持ちをリセットしてみましょう。

不眠になるくらいの仕事のストレスがあるなら退職も考えてみる

仕事のストレスで不眠が続くようなら、退職するというのも選択肢の一つです。

今後もストレスが溜まっていくと、不眠だけでなく他にも体に不調が出て来る可能性があります。

体調不良で働けなくなってしまうくらいなら、今の仕事をスパッと辞めて、新しい仕事に挑戦してみるのも良い方法です。

退職する場合は、なるべく早めに直属の上司に伝え、自分の仕事をできるだけ片付けて、引継ぎをしっかり行いましょう。

就業規則をきちんと確認し、ルール通りに手続きを進めていきます。

退職の理由は、会社に対する愚痴を言わず、家の事情や家族の事情など一身上の都合という事に留めておきます。

異業種に転職する事が決まっている場合は、他にやりたい仕事が見つかったという理由で理解を得られやすいです。

大切なのは辞めるからといって、残りの時間を適当に過ごすのではなく、最後まで丁寧に仕事をこなす事です。

今の仕事をストレスで退職するにしても、これまでお世話になったり、色んな事を学ばせてもらった事に変わりはありません。最後まで責任を持って仕事に取り組み、感謝の気持ちを忘れない事が社会人としての常識です。