キーワード
  1. 就職
  2. 転職
  3. 手続き

できない部下にストレスを感じた時に、するべき育成方法

会社である程度キャリアが上がると、自分に部下ができ、直接指導することもありますが、正直仕事ができない部下に当たることも珍しくありません。
そういった時は、毎日ストレスに感じてしまいますが、そういった場合でも上手に指導できる方法やコツやあるのでしょうか。
ここでは、仕事のできない部下の特徴や、そういった部下への効果的な育成方法などについてご紹介しますので、是非参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

仕事がうまくいかないとイライラする気持ちの乗り越え方

「仕事がうまくいかない…。」とイライラしている方はいませんか?仕事中はもちろん、仕事が終わってからも...

イライラして集中できないときの対処方法と気持ちの切り替え方

イライラするとそのことに囚われてしまいなかなか集中できないときには、どのようにして気持ちを切り替えた...

イケメンなのに自信がない…自信をつけるコツとポイント

イケメンなのに自信がない、自信が持てないときにはどのようにして自信をつけたらいいのでしょうか。...

毎日イライラ!中途で入った未経験が全然使えない…

キャリアアップすると、新人の教育を任されることも珍しくありません。一から仕事の内容を教えることだ...

イライラするときの対処方法とは?すぐにする事あとにする事

イライラするときにはどのような対処をしたらいいのでしょうか。頭に血が登ったときには、まずは新鮮な空気...

仕事のストレスで不眠になる前に発散するコツや環境の整え方

仕事のストレスが原因で不眠に悩んでいるあなた。眠れないと余計に仕事のことばかり考えてしまっていません...

体がしんどい仕事がしんどいと感じる理由、肉体的精神的疲労とは

仕事をしていると体がしんどいと、悲鳴を揚げてしまう場合があります。しんどいと感じるのは体が疲労してい...

ストレス発散方法がわからない!対処法とストレスを溜めない方法

仕事や職場の人間関係にストレスを感じて過ごしている人もいるのではないでしょうか。ですが、どのよう...

スポンサーリンク

できない部下にはこんな特徴が、ストレスを感じる場面をご紹介

自分が社会人として新人だった頃には、先輩や上司から仕事を教わりながら仕事をひとつずつ覚えきましたが、月日も経ちある程度仕事がこなせるようになってくると、今度は自分が部下に仕事を教える立場となります。
そして自分が部下をもつようになり仕事を教える立場になってみて初めて分かるのは、一言で仕事を教えるといっても、その仕事を教えるという難しさです。

というのも、自分の元に着いた部下が優秀で物覚えがよく、教えた仕事をすぐにこなせるようなタイプの人間であれば何も苦労することはありませんが、そのような部下が自分の元に来てくれるとは限らず、中には何度仕事を教えようとも覚えることができずに同じような失敗を繰り返す、仕事へのやる気が全く感じることができない、コミュニケーション能力が低いなど、様々なタイプの人間が部下になる可能性があり、このような部下をもってしまったときには仕事を教えることも一苦労となります。

このように、いわゆる「できない部下」を持ってしまった時には、日々の業務に加えて部下の育成がうまくいかないストレスがかかってきてしまうので、仕事上で感じるストレスというものはとても大きなものとなってしまいます。

部下が仕事できない…。ストレスにならないために出来る対処方法

仕事ができない部下というのにも様々なタイプがあることをお伝えしてきましたが、あなたの部下がどのような仕事ができないタイプだったとしても、あなたが仕事上でストレスを溜めることなく仕事のできない部下と上手に仕事を進めていくためには二つの方法があると言えます。

仕事ができない部下を変えようとするのではなく、そのままの部下を認める方法

部下の教育でストレスをためているということは、部下の教育がうまくいかないためにストレスを溜めているということであるので、ある意味諦めの境地でそのままの部下であることを自分の中で認めてあげましょう。
そうすることによって、過度に部下に期待することがありませんので仕事ができなかったとしても落胆することがなくストレスをためることがありません。

仕事ができない部下でもできる仕事をのみを任せるという方法

仕事のできない部下の能力を見極め、どの程度の仕事であれば仕事のできない部下でも仕事を全うすることができるのか、どのような仕事を任せてしまうとキャパオーバーしてしまうのか、あなたの見極めが必要となってきます。

ストレスを感じるほどに仕事ができない部下を育成するポイント

仕事ができない部下と関わる時にストレスをためない方法についてご説明させていただきましたが、それでもどうしても部下を育成しなければいけないときもくるでしょう。
次は、そんな時にストレスを溜めることなく部下を育成するポイントについてお伝えしていきます。

上から目線で話すのではなく、対等な目線で話をすること

もちろん上司であるあなたが上の立場であることに変わりはないのですが、上から目線で話を進められるとやる気をなくしてしまう人間は少なくありません。

部下のやる気を出させるためにも、上から目線で話をするのではなく対等な目線で話をしてみましょう。

そのためには情報を与えてあげるだけではなく、仕事のできない部下に考えさせる時間を持たせてみましょう。

考えさせる時間を持たせることによって部下の仕事への意識が高まり、やる気も向上することが期待出来ますし、自分の仕事であるという責任感を感じさせることも出来ます。

仕事ができない部下を上手に褒めるコツ

部下の成長を促すためには、教えた仕事を上手く出来たときには部下を褒めるというアクションが必要になってきます。
褒められて嬉しくないという人は少なく、褒められた嬉しさという快感を覚えれば再度その快感を求めて部下は仕事にやる気を出してくれるようになるでしょう。

一度仕事に対して部下がやる気を出してくれるようになれば、あとはそのやる気を継続させることが出来るように支えていくことが上司としての役目のひとつにもなります。

仕事上では叱ることも大切。上手に部下を叱るコツ

部下が仕事を上手くこなすことが出来たときには褒めるというアクションは有効ではありますが、仕事の出来ない部下にやる気を出して欲しいという思いが強くなりすぎてしまい、褒めるばかりに集中をして部下が犯してしまったミスを叱ることが出来なくなってしまうのは問題です。

仕事が出来ない部下に対して怒りに任せることなく、説得するように叱るというのが大切

怒りに任せてものを言ってしまうと、相手は萎縮してしまって次への行動が怖くなってしまったり、やる気を失ってしまう場合もあるので、何が駄目でどうしたら良かったのかなど相手が分かりやすいように話を進め説得をするような叱り方をしてみましょう。