キーワード
  1. 就職
  2. 転職
  3. 手続き

テレワークの内容や、メリット・デメリットなどについてご紹介

世の中の働き方の形態の中に、「テレワーク」というものがあるのをご存知でしょうか。
あまり聞き慣れないこの働き方には、さまざまなメリットとデメリットがあります。
ここでは、働く人の状況に合わせて柔軟に対応することが出来る、テレワークがどういったものなのか、また、メリットやデメリットにはどういったものがあるのかなどについてご紹介しますので、是非参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ワーママの日常!疲れた・休みたいと感じたときはしっかり休もう

子育てや家事に加え、仕事をしているワーママは、疲れやストレスが溜まってしまいがちです。「疲れた!休み...

ワーママが退職してよかったと感じる事!会社を辞めたいあなたへ

会社に行くのが辛い・仕事と家事、育児を両立するのが大変で苦しいと考えながら、頑張って仕事をしているワ...

ワーママのバッグの中身とは?モノはたくさんでもスッキリ収納

ワーママのバッグの中身はどんなものを入れているのでしょうか?子供のものを入れていてもスッキリとしてい...

スポンサーリンク

テレワークとは、どういった働き方なのかについてご紹介

テレ(tele)=離れた場所

働く、仕事をするといったらまずはオフィスに行かなければいけませんが、それがないのがテレワークです。

通信環境さえあれば他の施設や自宅などで働くことができるので、いわゆる遠隔勤務、在宅勤務とも呼ばれています。

在宅勤務は自宅で働くという方法で想像がつきやすいと思いますが、パソコンや電話など情報通信機器を使いながら会社と自宅以外の場所で働くこともテレワークに含まれます。

例えば勤務先以外のオフィススペースだったり、または特定の勤務地を持たず電話を使った顧客とのやり取りが主という働き方も、テレワークです。

情報通信機器を使って場所や時間に縛られず働けるというのがテレワークの特徴になります。

通信手段が発達してきているということもあり、このような働き方は今増えているのです。

テレワークを選択することでの、メリットとデメリット

テレワークのメリット

通勤の負担がない

通勤は実は働く上で負担になりやすいです。通勤場所が遠い、交通手段が限られているなら、それに合わせて早くから準備しなければなりません。しかしオフィスに出勤する必要のないテレワークなら満員電車に揺られて朝からぐったりということもないでしょう。

育児や介護と両立しやすい

小さい子どもや、介護が必要な祖父母がいる場合は、オフィスに出勤して働くということが難しくなります。しかし自宅で働けるテレワークなら、子どもや祖父母の様子を見ながら働くことが可能になります。仕事の合間を縫ってお世話もできます。

転勤がない

働く場所に制限のないテレワークの場合なら、通信環境があればどこでも働けるので夫に転勤があっても大丈夫です。今は全世界どこでも通信できる訳ですから、海外転勤になったって働き続けることも可能です。

企業側のメリットとしては、オフィス維持のコスト削減、通勤面で制限が必要だった優秀な人材の確保などがあります。

テレワークのデメリット

自分で自分の管理が必要

会社にいたら休憩時間や定時時間がありますが、テレワークはそれがありませんから、自分で仕事量に合わせて調整しなければなりません。何時間も働き続けたり昼夜逆転したりと不規則な生活になってしまわないよう注意が必要です。

外に出かける時間が減る

運動不足になりやすいだけでなく、外に出て太陽を浴びる時間が減り自律神経に影響をきたすということも時にはあります。また仕事内容によっては誰とも話さない、一人で黙々とパソコンに向かっているだけという作業もあるので、人と一緒に働くのが好きという人には合わない時もあります。

企業側のデメリットとしては、セキュリティ管理の徹底が難しいといったことがあげられます。そのため情報漏れが懸念されるような機密情報を扱う仕事はテレワークでは行わないことが多いです。

テレワークのメリットとデメリットを理解して、向いてる職種を探そう

テレワークの業務

では具体的にテレワークはどんな業務があるのか、見てみましょう。

  • 社内文書や資料の作成
  • データ入力
  • デザイン
  • プログラミング
  • 市場調査
  • Webライター
  • カスタマーサービス
  • 翻訳
一般的にこういったものがテレワークに向いています。情報通信機器を使い、1人で行える業務であるというのがポイントです。

今はコールセンターや、通販のカスタマーサービスなども在宅勤務が増えています。反対に、サービス業など人と対面しなければできない仕事はテレワークでは難しいでしょう。大事な顧客情報や社内の機密文書を扱うといった場合も、テレワークは除外されることがほとんどです。

テレワークと似ている働き方のメリットとデメリット

テレワークは内職とは異なる

在宅勤務というと、内職を思い浮かべますが、テレワークと内職は似ているようで異なります。内職は働く時間などは決められていませんが、テレワークは国土交通省の定義で「1週間に8時間以上、職場以外で情報通信機器を使って仕事をする人」と定められています。

情報通信機器を使うというのもポイントです。

例えばアクセサリーなどを作るハンドメイドや、チラシ折り、袋詰め、値札つけといったような作業は通信機器を使わなくてもできるので、テレワークには含まれません。

内職のメリット・デメリットも、テレワークと同じことが多いですが、報酬は内職の方が安いことが多いです。単純な作業が多いため時給でなく出来高制がほとんどだからです。

なかなか見つけにくそうな内職の仕事ですが、たまにハローワークで募集していることがあるので探してみましょう。インターネットサービスを利用して気軽に探すことができます。在宅勤務で募集している求人の中にも、在宅勤務をするには条件を限定していることがあるので募集要項はよく確認することをおすすめします。

テレワークを選択する際に確認しておくこと

テレワークでの働き方は大きく分けて二通りある

求人を見つけた際は直接雇用型と業務委託型どちらに当てはまるか、しっかりチェックしておきましょう。

  • 直接雇用型 …社員や従業員と同じ扱いになるので社会保険にも入れます。正社員、契約社員、パートなど様々な雇用形態があります。勤務時間や休憩時間、休日も定められています。
  • 業務委託型 …いわゆるフリーランス。仕事の成果によって報酬が支払われる場合が多いです。自分で確定申告など税金関係の手続きをする必要があります。
収入が増えてきたら確定申告は税理士に頼んだり、もしくは説明会などに通ったりやり方を調べて自分で行うという方が多いようです。直接雇用型以外は自分で自分の管理をするという能力がより一層必要になってくるので、テレワークを始める時はこのことも念頭に入れておきましょう。