キーワード
  1. 就職
  2. 転職
  3. 手続き

ワーママのバッグの中身とは?モノはたくさんでもスッキリ収納

ワーママのバッグの中身はどんなものを入れているのでしょうか?子供のものを入れていてもスッキリとしているのはナゼ?

必要なものを、こうして持ち歩くことでスッキリとしたカバンの中身にすることができるんです!?

なんでも詰め込むのではなく、必要なものを必要なだけ持つことがポイントのようです。ワーママのバッグの中身の整頓術を紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

テレワークの内容や、メリット・デメリットなどについてご紹介

世の中の働き方の形態の中に、「テレワーク」というものがあるのをご存知でしょうか。あまり聞き慣れな...

ワーママが退職してよかったと感じる事!会社を辞めたいあなたへ

会社に行くのが辛い・仕事と家事、育児を両立するのが大変で苦しいと考えながら、頑張って仕事をしているワ...

ワーママの日常!疲れた・休みたいと感じたときはしっかり休もう

子育てや家事に加え、仕事をしているワーママは、疲れやストレスが溜まってしまいがちです。「疲れた!休み...

スポンサーリンク

ワーママのバッグの中身は万が一に備えてます

仕事と家事を両立しているワーキングマザーは毎日時間に追われて忙しく、幼い子供を幼稚園や保育園などに預けながら働いている人も多いです。

ワーママがいつもバッグに入れて持ち歩いている必需品といえば、子供の病院の診察券です。

子供を預けて幼稚園や保育園に預けて働いていると、預けた朝は元気だったとしても、いつ子供の体調が急変して、発熱したりと呼び出されるかわかりません。

そんなときに、診察券を常に持ち歩いていれば、迎えに行ってそのまま病院に連れて行くことができます。

ちなみに、これは仕事のときに限られたことではありません。

例えば、夏休みなど長期休みの帰省中や旅行中などもいつケガや病気になるかわからないので、万が一のために子供の診察券や保険証を備えておくと便利です。小さいお子様の場合は、母子手帳を持ち歩くことをおすすめします。

ワーママのバッグの中身はわかりやすいように整理整頓

ワーママのバッグの中には子供の万が一の備えがされていることがわかりました。さらに、ワーママのバッグはいつもすぐに必要な物が取り出せるように、わかりやすく整理整頓されている人が多いのです。これは、時間のない働くワーママが無駄がなく、上手に時間を活用する上でのポイントにもなります。

忙しいワーママのバッグの整理術についてご紹介しましょう。

ポイントは無駄なものは持たずに必要なものだけを厳選して持ち歩くこと。そして、ポーチなどを活用することで、薬や化粧品、子供のお菓子などカテゴリーごとに分けることでどこに何が入っているのかがわかり、いつでもどこでも必要なときにすぐに取り出せるようになるのです。

そうすることで、バッグの中身がゴチャゴチャせずにスッキリさせることができます。

大切なものもひとつにまとめることで忘れ物もないですし、入れる場所を定位置を決めておけば使いたいときに取り出せて便利ですよね。

ぜひ参考にしてみてください。

ワーママのバッグの中身は工夫がいっぱい!こんなものが役に立ちます

では、ワーママのバッグの中には他にどんなアイテムが隠されているのでしょう?

働くワーママはいつでもそのバッグひとつあれば困らないように、必須アイテムを持ち歩いている人が多いです。

例えば、職業柄声をだすことが多かったり、喉が痛くなることが多いようなママはよくのど飴を必ず持ち歩くようにしています。

バッグの中に飴やグミなどちょっと口に入れることができる食べ物を持っていると、仕事の合間のほんの息抜きにもなりますね。

それから、マスキングテープなどもあると便利でいつも持ち歩くママもいるようです。
マスキングテープがあれば、付箋代わりにも使えますし、何か袋などを留めておきたいときでもすぐに使えるなど応用が効きます。

また、花粉症やインフルエンザの対策にマスクを持ち歩いているママも多いですね。
仕事柄マスクを必要とするママもいるでしょう。

ポリ袋なども持ち歩いていると子供の急なオムツ替えのときやゴミを捨てたいときなどにも臭いを軽減することもでき便利です。

携帯用の消臭スプレーを持ち歩くママもいます。
除菌用のウエットティッシュなどもママにとって必須アイテムのひとつではないでしょうか。

このように、ワーママのバッグの中身には工夫がいっぱいされているのです。

ワーママのバッグの中身をスッキリさせる方法

使うかもしれないとバッグの中になんでも入れてしまっては、バッグの中身はパンパンになって持ち歩くのも重くて大変です。
それをさらに子供を抱っこしながら持つなんて、それだけで疲れてしまいます。ですから、働くママのバッグは少しでも軽くする工夫をするのが一番です。

ワーママのバッグを少しでも軽くするための工夫やコツ

一番は物を減らすことです。
自分の持ち物について一度全部出して見直してみましょう。

例えば、化粧ポーチの中身を広げてみてください。
これは、毎日必ず使っているものでしょうか?
仕事の合間に化粧をする時間なんてありますか?

職業柄どうしてもいつもフルメイクが必要な人もいるでしょう。
そんなママの場合は、必要最低限のものだけ持ち歩いてください。
化粧ポーチは意外とかさばる物が多く、それを見直すだけでもずいぶん場所も取らずに軽くなるのです。

それから、財布の中もスッキリと整理しましょう。
例えば、ポイントカードやレシートなど。財布も最低限の物だけに厳選すれば、スッキリしますよ。

ワーママのバッグは使いやすさが一番!選ぶときのポイント

最後にワーママのバッグを選ぶ時のポイントについてご紹介します。

ワーママのバッグ選びでおすすめなのは、使いやすいバッグを選ぶことです。
自分に合った大きさや形を考えて、使いやすいバッグを選びましょう。

例えば、仕事や子供の書類などがスッキリと入るバッグだと、折れたり汚したりする心配もなく便利です。また、子供の物を入れることも考えて、まちの幅が広めのバッグを選ぶといいでしょう。
もちろん、働くママにとって見た目も大切。
どんな服にでも合わせやすいデザインや色のバッグを選べば長く使うことができますよ。
ぜひ参考にしてみてください。